茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

同じことの繰り返しができていることが幸せなのかもしれないな。

 

「ここは、昔はガソリンスタンドだったんだよ」

「この土地はね、○○に住んでいる△△さんの土地だったんだよ」

「ここから3軒、空き家になってしまってね。危ないよねえ」

「ここ、前は八百屋だったね」

 

そこを通ると必ず母は、これらのことを言う。

少し遠くへ買い物に出かけられるときに歩く道すがら、

もう、何度も何度も聞いた話だ。

 

今日の午後、暖かかったし母の腰の具合もよいとのことで、

新しい下着でも買いに行こうか、と二人でふらふら歩いて出かけた。

 

行き先は、量販店。

母は、お手頃価格の下着はここで買うことが多い。

母は、ユ〇〇ロの下着は苦手で、

ぴたっとしない昔ながらのあったか下着がお気に入りなのだ。

 

年末、モノ整理をして、着古した下着を始末して、新しいのを買おうという意欲があるのは、娘としてうれしいことだ。

前向きだもん。

 

でも、このお店に行く道中での母の話は、少し、私を落ち込ませる。

また、同じことを言っている。

話したことを忘れてしまうんだろうか。

それとも、確信犯なのかなあ。

天気のあいさつと同じで、あんまり意味を持たない会話の接ぎ穂として、言ってるだけなのか。

適当に相槌を打つ私の暗~~い気もちに気が付かず、話している母。

 

私もそうなるのだろう。

実際、同じこと、このブログに書いたりしていることもあるしなあ。

 

同じことを繰り返し話す。

人は、だいだい、みんなそうなるのだろう。

母なんか、米寿にしては、頭も体も元気な方だろうと思う。

 

同じことの繰り返しができていることが幸せなのかもしれないな。

自分の足で歩いて買い物に行ける母に付き添えるんだもの、いい時間だよなあ。

あと何年、あと何回、いっしょにこの道歩けるのかなあ。

なんて、

年の瀬で気弱になっている私は、そんなこと心の中で思っていた。

 

家に戻って、3時のおやつは、甘酒とバームクーヘン。

へんな取り合わせだねえ、と言いながらおいしい甘酒を味わった。

母は夕飯までこたつでうとうとするので、私は自室に引き上げてきた。

 

さて、少し、片付けでもしましょうかね。

 

今日も普通の日だった。

普通でいられるのがありがたいと思う。

 

私は、昨日チビの相手をして、風邪を貰ってしまったらしい。

まったくもう。

この喉のいがいがは、

あいつの鼻水とくしゃみのせいだろな~~~。

一日預かったご褒美が、

ありがとうのメールと、風邪と、かわいかった時間か。

ま、いいか。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング