茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

「モグラグラブ」を喜んでもらえました。優れものですよ、これ。

 

ただいまどっぷり編み物にはまっている私。

新年になってから、母へのプレゼントに、あったか小物をひとつ作りました。

以前このブログに書いた「しあわせを編む魔法の毛糸」に出ていた

モグラグラブ

opalの毛糸を使って編みました。

使用量、35グラムと書いてありました。

( この記事に書いた本です。)

tyanomadeosyaberi.hatenadiary.jp

今回は、珍しく、本に出ていたのと同じゲージで編めたので、

出来上がり寸法も本と同じに出来上がりました。

とっても素敵な柄に編み上がって、

正直言って母に上げるのがもったいなくなってしまったくらいの上出来。

母は、シルバーカーを押して出かけるときに丁度良いと上機嫌でした。

お年玉代わりのプレゼント、大成功です。

 

編み方は、いたって簡単。

二目ゴム編みを長方形に編んで、

縦長に二つに折って、

親指を出すところだけ開けて、筒状に綴じ合わせればOKなのです。

こんなに簡単なのに、あったかくてファッショナブルなモグラグラブ。

考えたマルティナさん、素晴らしい柔らか頭ですね。

いくつも作りたくなります。

普段家の中でもしていたら、手首が温かくていいと思います。

 

さて、その母へのモグラグラブが出来上がったので、残りの毛糸で、

腹巻帽子の2つ目を作り始めました。

(一つ目は、「すてきにハンドメイド11月号」のもの)

今、4分の3くらいまで編めました。

今晩と明日の晩に編めば出来上がりそうです。

 

ふたつ目の腹巻帽子。

編み始めはサイズがちょうどよかったのですが、

編み進めるうちにだんだん固編みになってしまい、

それに気が付いたら、今度はゆるくなってきて。

広げてみると、幅が広いところと狭いところで、1センチくらい違ってしまいました。

でもまあ、編み物だから横にも伸びるし、

頭にかぶっちゃったらそんな幅の違いなんてわからないからいいやっと、

そのまま進めて編み上げてしまいます。

いい加減で、いいや。

でも、ホントはちょっと嫌だけど。完璧主義だから。

しかししかし、ほどく元気はないので、このまま進めることに決断。

一枚目と比べなければ、これはこれで、上出来だと思うし。

 

さて、なぜ出来上がりの違いが結構あるのかと、

2枚の腹巻帽子を比べると、

以前編んだ毛糸より今度の毛糸の方が細いのです。

編み上がりの風合いは、以前編んだものの方が、私は好きです。

今回のもきれいな模様になったけれど、

前回のやや太めの毛糸の方が、温かそうです。

というか、よくよく本を見比べてみれば、

すてきにハンドメイドの腹巻帽子は、一周55cmで編むようになっていて、

今回の本の腹巻帽子は、一周50cmで編むようになっていました。

もう編まないと思うけれど、

次回編むとしたら、55cmに合わせて編みたいと思います。

その方が、頭にぴったりしすぎないで、いいんじゃないかと思うので。

何事もやってみなけりゃわからない。

編み物も、編んでみなけりゃわからないです。

冬の間の夜のお楽しみ、編み物。

 

まだ、今の帽子が出来上がっていないのに、

次に編むもののことをもう考えていて、

わくわくしています。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング