茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

メンドクサイから嫌っ⇒喜んでいただけるなら

先日ここのブログに書いた、「モグラグラブ」。

母にプレゼントした、指先が出て手首や掌、手の甲があったかい手袋。

はめたまま、スマホを触ったり、読書ができたりする便利なもの。

次は自分のを編む予定です。

 

母がとても気に入って、お友だちとのランチにしていきました。

帰ってきて、

「Aさんが、編んでほしいって。写真撮るときに具合がいいから」

と、言うではありませんか。

きっと、Okしちゃったんでしょうね、母のことだから。

直ぐにいい顔するんだから、よそ様に。

AさんもAさん、気軽に頼んだりしないでほしい。

 

反射的に私の口から出た言葉は、

「やだ」

 

人様に編むとなると、完璧を求めてしまって、

自分の首を絞めてしまうから、嫌なんです。

左右の手袋の模様がぴったりあわなきゃ嫌だし、

サイズも違っちゃいやなのです。

自分の親なら身内だから、5ミリくらいの左右差は許容範囲なのですが、

人様に差し上げるのには、完璧じゃなきゃ、嫌。

だから、編みたくないのです。

毛糸も、用意しなくちゃならないし。

この毛糸は、100グラム1巻き。

でも、モグラグラブに使うのは、35グラム。

1巻き買ったら、無駄が出ます。

もったいないない。

こんなことを瞬時に考えて、

「やだ」と即答したのでした。

 

母は、困っています。

でも、2度は、私に頼みません。

2度頼むのは悔しいから彼女はそういうことはしない。

人に頭を下げること、人にモノを頼むことが大嫌い。

でも、困っているそぶりは見せる。

嫌な親です。

こういうところが、本当に、我が親ながら、大嫌い。

 

数時間後、

私のぷんぷんした気分も静まってきました。

 

いつも母を誘って面倒見てくれているAさん。

彼女にはお世話になっているし、感謝している。

少々ボケも入っているであろう母を仲間に入れてくれているAさん。

そうだよな~~。

母の頼みじゃなくて、Aさんの頼みだったんだ。

母の安請け合いに腹が立ったけど、もとはと言えば、Aさんの希望だったんだっけ。

母のためじゃなくて、Aさんのためってことなんだ。

 

それなら、編むか。

否、編まなくちゃいけません。

 

編んで差し上げれば、喜んでもらえる。

素人の私に頼むのだから、完璧は求めていないだろう。

ハードルを勝手に上げてしまったのは私。

下げりゃいいじゃん、そのハードル。

今できる範囲で、丁寧に編めばいいんじゃないの。

 

そんなふうに思えてきました。

 

という訳で、昨日から、いっしょうけんめい編み物しています。

気が付いたら、昨日は、ブログ書かないで終わっちゃったのでした。

連続記入、すぐ、途絶えちゃうんです、私。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング