茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

二人のお医者さんの診断の違いも、お二人の個性なんでしょう。(乳がん検診)

乳がん検診のお話ですので、読みたくない方、スルーしてください。

 

 

 

去年のおしまいころ、

ドックの結果報告の封筒に「乳がんの疑い」の書類が入っていたことを書きました。

そして、すぐ検査においでと書いてあったので、届いたその日に予約をしに行ったら、2か月後と言われ、それを待てないで、別の病院に行ったことを書きました。 

tyanomadeosyaberi.hatenadiary.jp

 今回の記事は、その続きです。

 

先日、やっと、ドックを受けた病院での検査が終わりました。

 

ドック結果のお知らせの1か月後に行った、エコー検査。

ドックのときとは別の検査をするかと思っていたのに、

あら、また、同じことをするの?意味あるのかしら。

前回のエコー検査が信用できないってことなのかしら。

念のため、っていうことかなあ。

まあ、身体に負担はないからいいけど。

ドックのときより、熱心に検査してくれるのでしょう。

そんな思いで、エコー検査を受けました。

 

その二日後の診察日には、

「大丈夫っぽいけど、影の向きが気になるから、

 念のため、MRIと針の検査をしましょう」

との診断。

あ~~、針を刺す検査かあ。

ネットで見た検査のことね。

医大の先生は、そんな検査、必要ないっておっしゃったけど、

こちらの先生は慎重派なのかなあ。

痛いかなあ。痛いんだろうなあ。

「先生、針を刺す検査って、痛いですか?」

「少しちくりとするけれど、部分麻酔もするから、大丈夫。

 痛くて検査できなかった人は、今までいなかったです」

なんて会話をして、

その1週間後。

 

まず、MRI検査。

検査台のベッドにうつぶせになります。

下を向いた万歳の姿勢で、40分間もずっと同じ姿勢でいるのがつらかったです。

検査の前に、

「途中で、くしゃみが出そうになったら、どうしましょう」

って聞いたら、

「だめです、我慢してください。

 たとえば鼻水が出ても、そのまま下にたらしてください。

 ちゃんとした画像が欲しければ、絶対動いちゃいけません」

と言われ、検査前から、緊張しまくり。

血圧上がったに違いない。

始まってからも、

トイレ行きたくなったらどうするんだろう?

行きたいような気がしてきちゃった‥‥‥。

気分悪くなったら、どうするんだろう?

う‥‥なんだか、目の辺りがかゆくなってきちゃったぁ。

動かないってこんなにつらいんだあ。

うん、落ち着くために、頭の中で、コブクロの歌でも歌っておこうか。

それとも、かけ算九九みたいなものの方がよいかしら。

いやいや暇だからブログのネタでも考えておこうかなあ。

でも、結果が悪かったら嫌だなあ。

そんなぐちゃぐちゃした思いで、

ガーガーガシガシする器械の中に閉じ込められていました。

 

そのあと、針を刺して何かをちょこっと採って検査をしました。

麻酔して、先生がエコーの画面を見ながら針を刺すのだそうです。

注射器みたなのを使って、4回もバシッとやってたみたいですけど、

まさか、うまく採れないのかしら?

と不安な気持ちを抱えて、検査を終えました。

「ちゃんと採れたから大丈夫ですよ」

と言ってくださいました。

痛くなかったです。

痛さの程度は、インフルエンザの予防接種大丈夫なら、これも大丈夫。

終わったら、幅広のテープで、ガーゼをいっぱい貼り付けてくださいました。

「今夜はお風呂、入らないでくださいね。

 このガーゼは、明日はがしてください。

 下の、針を刺したところの小さいテープは、一週間、貼っておいてください。

 傷口から何か入らないようにするためです。」

臆病者の私は、一週間、傷口のテープを絶対に濡らさぬよう、

最新の注意をはらって入浴していました。

テープをはがして見たら、ほとんど、穴もわかりませんでした。

 

そして、その検査の2週間後。結果発表でした。

「検査の結果は、やはり良性のものでした。

 でも絶対に悪性に変わらないとは言えませんので、

 半年後にもう一度、エコー検査してください。」

とのことでした。

とりあえず、安心してよいとのことでした。

検査結果のプリントを見せてくれて、横文字の言葉を使って説明するので、

よくわからない言葉は、あとで、家でネットで調べようと思って、

「大丈夫だということはわかりましたけど、

 ここに書かれている用語が横文字なので、そこはよくわかりません。

 このプリントはいただけるのですか。」

と聞いたら、コピーしてくださいました。

(検査結果のプリントって、言わないとくれないのね)

MRIの画像を見ながら詳しく説明をしてくださいました。

「この白いところが怪しかったところです」

などと、具体的に話してくださいました。

でも、私に近い方に置いてあるディスプレイに、

前の患者さんのマンモの画像が写ったままなのが気になって、

「先生、これ、前の患者さんのですけど。

 映しておいてはまずいのでは?」

とおどけた調子でお伝えしました。

心の声(しっかりしてよ~~。人のマンモの画像なんか見ちゃいけないと思うし、

 自分のも人に見せて欲しくないよ~~。生年月日も名前も、しっかり読めちゃうじゃないの)

先生は、慌てて私のマンモの画像にチェンジしてました。

マンモの画像は、今日の説明に使わなかったので、うっかりしたらしいです。

ていねいに説明してくださるし、お人柄もよさそうな感じのよい先生でした。

でも、ちょっとうっかりさんです。

なんだか、いろいろな意味で、ちょこっと心配になってきましたが、

とりあえず、半年後の受診の約束をして帰ってきました。

半年後に小さくなっていたら、OKだそうです。

良性なら、年をとるごとにホルモンの関係か何かで、

小さくなる種類のものだそうです。

つまり、以前にもエコーを受けていたら、

その時は、もっと大きかったかもしれないと。

(私、今まで、毎年マンモだけ受けていて、今回、初めてエコー検査を受けたのです。)

 

今回の乳がん疑い騒動は、いったん、鎮火です。

ほっとしました。

 

先生によって、見立てが違うんだなあって思いました。

結局、両方の検査を受けてよかったです。

お二人の、経験とか性格とかの違いなのでしょうね。

それぞれの個性なのでしょう。

 

あ、でも、あとから受けた病院の先生は、

「エコー受けなかったら、こんな小さい影は見つからなかったし、

 そうしたら、再検査とかして、どきどきしなくてすんだのにねぇ」

という不届きな発言もしてましたっけ。

正直すぎるでしょ。

それじゃ、なんのためのドックのエコー検査?

「先生。

 エコー受けて、検査の係の人ががんばって、小さいのでも見つけてくれて、

 それが良性だってわかった方が、ずっといいんじゃないですか」

って思わず言ってしまいました。 

やはり、いろいろな意味で、ちょっと心配な先生です。

若さのなせる業ってこういうのを言うのかしら。

次回もしっかり診てくださいね~~~。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング