茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

ご町内のゴミ集積所問題(ちょっと大げさ)

あなたの町内のごみ集積所はどこですか。

友人の町内のごみ集積所は、一年で場所がかわるのですって。

町内の10軒近くが1グループなんだそうですが、

一年間、〇〇さんちの前、がごみ集積所になって、

順番にずれていくのですって。

おもしろい仕組みだなあってよく聞いたら、

家を売り出した時には、

ちゃんと「この家の前がごみ集積所です」って決まっていて、

分譲したときに少しお安い購入価格だったのですって。

でも住み始めて数年したら、

自分の家の前がごみ集積所っていうのは、不公平だとか言いだして、

分譲会社もそれを認めちゃって、ゴミ集積所は、持ち回りになったとか。

なんか、変だなあ。

他人んちのことだけど。

 

わが家のグループのごみ収集所は、ずっとわが家の隣の畑の前でした。

後片付けは気が付いた人、ということで、

ずっとずっと、そこのお掃除を母がしていました。

ゴミ収集車が持って行ってくれた後に掃除をし、

間違って出されたものを一時預かって次の正しいゴミ出しの日に出す。

そんなこともしていたんです。

 

世代も変わって若者が増え、母の掃除も当たり前のこととなり。

私は、それは、そのまま引き継ぐのが嫌だったのです。

奉仕の精神ゼロですね、情けない。

母が高齢になってきつつあるので、私がやるのがいいんだろうなとは思いました。

でも働きながらだと、ゴミ収集車が行ったあとの片づけは、時間的に無理。

それでも母は続けると言いましたが、

ずっとこの仕組みでやっていくのは、無理でしょって。

だから、数年前に、ご近所さんで話し合って、

掃除当番を持ち回りにしてもらいました。

11軒で持ち回り。

一か月当番です。

「ゴミ当番」のカードも回すことにして。

ところが、その「ゴミ当番」カードが、回って来るのが早いのです。

なにこれ。

そうです、誰かさんが、当番をスルーして、カードを回していたのです。

なんてこった。隣近所で仲良く暮らしているのに、そんなことするんだ。

きっちりしないと気が済まない私は、それに気が付いたので、

今度は、カードに、何月は、だれだれさんチって一覧表にして、回しました。

嫌な女です。

それで、どうなったかというと。

カードはちゃんと回ります。当たり前。

でも、当番の仕事をしない家もいくつかあります。

結局、そういうときは、わが家がお掃除しています。

共働きの1軒は、仕方ないと思うし、

「いつも代わりにやってくれてありがとう」って言ってくれるから、いいんです。

でも、誰かが家にいるくせに、片づけに来ない家もある。

何してるんじゃい、って思いながら、何も言えず、片づけています。

今日もそうなりそうだから、ついついここに書いちゃった。

書いていて、

自分って小さいやつだな、奉仕の精神ゼロだな、って嫌になっちゃったぁ。

 

ご町内の皆さん、話し合って決めたこと、ちゃんとやろうよ~~~。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング