茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

ご近所づきあいの程度がよくわからない

「前のうちの奥さん、入院してたんだって。」

 

母がそう言ったので、びっくりしました。 

救急車来たのが、わからなかった。

きっと夜中で熟睡していたのでしょう。

でも、こんなご近所さんなのに、入院していたことを知らないなんて、

薄情だなあと、自分がちょっと嫌いになりました。

 

たしか、雪かきのあとの数日間、

「前の奥さん見かけないね。どうしたかな。雪かきで腰やっちゃったのかな」

なんて話は母としていたのだけれど。

「どうしてます?」

ってわざわざ聞きに行くほどには親しくない距離感。

 

ご近所さんって、みんなこんな感じなのかなあ。

そう言えば、わが家の母が入院したときも、

ご近所さんにはできるだけ言わないでとくぎをさされたっけ。

あれこれ説明するのが面倒だからって。

 

ご近所づきあいの程度がよくわからない、まだまだ地元に根付いてない私です。

 

話は変わりますが、昨日のフィギアのテレビ放映。

繰り返し繰り返し演技を流してくれて、

何度も何度も見てしまいました。

素晴らしい演技なので、何回見ても、うれしい気分。

ライブの時は、どきどき緊張しながら見ていたけれど、

2回目からは、もう結果がわかっているので、うっとりです。

 

それでね、

母は、

羽生選手の同じ演技を見るたびに、

あの、ちょっと、「あっ」って思ってしまう場面があったでしょ。

そこにくるとね、そのたびに、「あっ」って、声出していたのです。

 

おお、何度見ても、「あっ」って言うんだあ。

面白いなあ、母さん。

かわいいなあ、母さん。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング