茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

読書記録 「読めない遺言書」 深山 亮 著  双葉文庫

読めない遺言書

深山 亮 著

双葉文庫

2015年10月発行 

を読みました。

 

病院の待合室用に持ち歩いていた文庫本です。

母の付き添いで行った病院で、今日読み終わりました。

 

若々しい文章でした。

第32回小説推理新人賞受賞作品だそうです。

中学校教師の竹原に残された音信不通だった父の遺言書。

そこから物語が始まります。

竹原の一人称の語り口が軽妙なので、深刻にならずにすみ、

待合室読書に、合っていました。

推理小説だから、ストーリーも書けません。

 

この一文だけ、書いておこうと思います。

ストーリーに関係ないから、大丈夫。

 

プレゼントをいただいたときに、これっていくらぐらいかなあって、値段を考えてしまったあとで、

 

「プレゼントそのものを、くださった人の心そのものを、喜べる人間に生まれたかった」

 

そうだよね、お返しの事考えたり相手の負担を考えたりしちゃう前に、こういうふうに相手の心を喜べる人がすてきだな、って思いました。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング