茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

ルノワールの「可愛いイレーヌ」は ほんとうに、可愛かった。

至上の印象派

ビュールレ・コレクション

 

観に行ってきました。

 

新国立美術館

東京都六本木にあります。

 

はじめて行きました、この美術館。

 

広くて、解放感があって、素敵な美術館でした。

地下鉄を使って行くと、入り口に直結。

便利なところです。

私は、地下鉄の乗り継ぎがよくわからなくて、迷いそうでしたけどね。

 

一番見たかったのは、リーフレットにも「絵画史上、最強の美少女(センターのルビ)」と書かれている、

ルノワールの「可愛いイレーヌ」

 

ほんとうに、見とれてしまいました。

いいなあ、この絵。

飽きないなあ、ずっと見ていても。

 

それほど混んでいなかったので、

この絵の、真正面に立ち止まって、しばらく眺めることができました。

もう、それだけで、この展覧会に行ったかいがありました。

 

いつもの通り、素人の素朴な感想を言いながらの鑑賞。

「これ、手抜きみたい」

「これは、キモチワルイ。なんで、こんなの描くんだろう」

「もしかしたら、下手なのでは」

なあんて、知性のない発言もしてしまいましたが、

純粋に、引き付けられた絵も、いくつもありました。

モネの睡蓮の池や、モネの庭。

マネのお庭の絵。

やっぱり、きれいでした。

じっくり見られて、よい時間を過ごせました。

 

最後に、写真OKのところがあって、撮ってきました。

真正面からは、人がいて、無理だったので、部分を撮ってきました。

これです。

 

f:id:kureyonnobasann:20180315230735j:plain

 

 

たくさんの人が、この絵の写真を撮ろうとしているのに、

その絵の前に立って、ピースして、知らない人に撮影を頼んでいるお方がいて、

う~~む、なるほど。

あのずうずうしさは、私には、ない。

いやいや、あの方は、ずうずうしいのではなくて、無邪気なんだわ。

と一人納得して、隅っこの写真を撮ってきました。

 

ついでに楽しみたかったのが、近くにある毛利庭園。

カメラをわざわざ持って行ったのも、毛利庭園の写真を撮りたかったから。

 

でも、毛利庭園について、その、ちっこさに、びっくり。

勝手に、ネットで読んだ紹介文で妄想を膨らませていた私。

もっと、ずっと、ひろぉい庭園かと思っていたら、一目で端から端まで見渡せてしまった。

そうかあ、もっとちゃんと調べて行けばがっかりしなくてすんだのにねえ。

 

そして、六本木で、ランチ。

田舎者二人は、迷子になりました。

ビルの中は、ちょうどランチタイムで、働いている人たちでいっぱいでした。

並んで待つのは、嫌い。

二人して、話のたねに、「桜坂」見てから、駅に帰ろうと決めました。

桜坂、桜が咲けば、すてきだろうな、という坂。

今は、ただの、坂。

ランチは、駅に近いところで、ワインがおいしいって書いてあるところに入りました。

おいしくいただけました。(ワインは、なしです)

パンは、おかわり自由。

いろいろな味のパンを楽しめました。

 

早めに帰ってきました。

都会は、疲れます、田舎者にとっては。

 

行きは、無事に着くか気もそぞろだったので、

電車の中で文庫本に集中できなかったけれど、

帰りは、気楽に帰ってこられました。

 

たかが、六本木に行くだけで、私にとっては、小さな冒険でした。

でも、行き方がわかったので、新国立美術館も、自分の守備範囲に入れようと思いました。

5月の、ルーブル美術館展、行くことにしました。

さっそく、前売り券、買いました。

楽しみ。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング