茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

支え合っているおじさんたち目撃

f:id:kureyonnobasann:20180331123244j:plain

久しぶりに帰りが遅くなり、夜の電車に乗りました。

 

電車を待つ駅のホームでの出来事です。

友人とおしゃべりしていたら、

目の前におもしろいおじさんたちが登場。

ちょっとぉ。

私たちが先に並んでいるんですよ、なんて、言えない状態。

思わず、後ずさりしましたよ。1メートルくらいも。

よろよろ歩いてきた彼らは、いつの間にか、しっかりと肩を組んで、

ホームのラインのところに、支え合って立っているのです。

久しぶりに見たなあ、あんなに気持ちよさげに酔っぱらっている人たち。

もう、それはそれは微妙な絶妙な支え合い方なのでした。

ちょっとどちらかが、ゆらっとしたら、共倒れ確実。

後ろから押したら、とっても危険な状態。

そのお二人を、私たちは、思わず観察してしまったのでした。

 

すごいねえ、あの二人。

ねえ、どっちがマシな状態なんだろうねえ。

五分五分だったら、危険だよねえ。

右の人の方が、少し、正気っぽい。

 

電車到着。

左側に並んでいたのに、なぜか彼らは、よろよろと右側に寄り、

そこから車内へ。

そうして、うろうろした挙句、ドアの左側にあるシルバーシートに。

もう、だから、最初から左側から乗ればよかったのにね。

 

オジサンたちは、気持ちよさげにおしゃべりし、

降りる駅の相談。

少しマシな方の方が、送っていくよとか言っています。

 

え~~、どっちもどっちじゃん。

送れるのかしらね。

 

そんな様子を見ていたけれど、

まったくもう、そんなに酔っぱらわなくてもいいじゃん。

とは思わず、二人の笑顔がなんだか気持ちよさげに見えたのでした。

 

私たち二人は、なんだか、ダメな子を見守る母親気分になってしまったのでした。

 

よっぽどよい飲みだったんでしょうねえ。

幸せそうでした。

 

そりゃ、だれかにからんだり、けんかしたり、

車内をよごしたりなんかしたら、

酔っぱらいよ出て行け、

なんて思うだけですけれど、

このお二人は、

幸せをみせびらかすような酔っぱらいでした。

 

なんとか金曜日、の夜に出会った酔っぱらいさんたちでした。

 

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング