茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

思った通りに行かなかった日なんだけど、OK!

 

今日は、家のことをしようと思っていた。

それなりに、朝早起きをして、

さてどこから手を付けようかなあと、意気込みもあった。

やっと、やる気になったのだ。

こういう日が、チャンス。

 

 

9時になっても母が起きてこない。

なんだ、どうした、風邪が悪化したか。

寝息は聞こえるし、重症な感じじゃないから、寝かしておこうか。

さて、どうしよう。

考えているうちに起き出してきた母。

「耳が、よく聞こえない」

「クレヨンの声が、ぼんやりする」

「テレビの音量、いつもと同じ?」

 

え~~、なんじゃ、それ。

 

風邪の症状に、そんなのあったっけ。

聞こえが悪くなるって。

 

慌てて、調べる。

 

鼻と耳の通路に何か起きているらしい。

 

様子を見ることにするよ、とか言って、渋る母を、説得して、耳鼻科に行った。

 

混んでいた。

一時間待って、診てもらえた。

 

検査をして、鼓膜の奥にたまっている液を採ることになった。

聞いていると、痛そうだ~~。

見ていたら、長い注射器みたいなもので、吸い出していた。

その後、鼻からも、チューブを入れて、きれいにしてくれたようだ。

 

帰り道、

行ってよかった。

聞こえるようになった。

ぼうっと聞こえが悪いのは、気分が悪かった。

このまま聞こえなくなるんじゃないかと、実は心配だった。

いいお医者さんだった。

やはり、医者には行った方がよかった。

そんなことを話す母。

 

まったくもう、素直じゃないんだから。

 

無理やり、医者に連れて行ってよかった。

 

帰ってきたら、気分が良くなったらしく、

なにやらかにやら、動き回っていた。

 

「お風呂早く入って、夜のテレビを観る準備する」

とか言って、5時にお風呂に飛び込んで行った。

 

先のことを見通して、行動を決められるのは、まだ惚けてない証拠だと、

私は嬉しくなった。

 

病院に行くと、最初に、問診票を書かせられる。

服用している薬の名前なんか、母には書けない。

病院でも、薬局でも、私がめんどくさい問診票を書く。

それを、迷惑かけてすまないね、みたいな感じで見ている母。

別に、気にしなくていいのにねえ。

そのくらいのことしか、素人にはやってあげられないんだから。

あとは、お医者さんの出番なんだから。

 

いつもの通り、お医者さんへの症状の説明などは、

母に言ってもらう。

説明も、母に向かって、話していただく。

私は、後ろに控えている。

 

主体的に医者にかかるのが、大事だと思うから、

鬼娘は、必要最低限しか、手助けしない。

 

家に帰って、付き添いのご褒美に買ってもらったお寿司を

遅いお昼ごはんにいただく。

 

一日の予定が狂ってしまった私は、

午後、だらしなく、寝転がって読書をし、居眠りをし、今に至る。

 

お風呂場から聞こえる母のたてる水音が、安心させてくれる。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング