茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

あの先生は、「年のせい」にしなかった。

 昨日、耳鼻科に母と行きました。

夜には、すっかり快適に聞こえていたようで、

テレビも思う存分楽しんで、

笑い疲れたのか、

「もう、寝る」

と、突然寝に行ってしまいました。

 

その母が、テレビを観ながら、言っていました。

「あの先生は、年のせいって言わなかった」

どうやら、このことが、母の中で耳鼻科の先生のポイントを上げたようでした。

 

治療中に、 

「鼓膜に穴をあけて、中にたまってしまったものを採るけれど、いいですか」

と先生がおっしゃったときに、

後ろに控えていた私が、

「88歳でも、だいじょうぶですか」

とお尋ねしたら、

「年は関係ない」

って言って、治療を続けた先生。

 

いつでも、どこの病院でも、

「もう、お年だからねえ」

と医者に言われては、むっとしていた母。

だから、この耳鼻科の先生の

「年は関係ないから」

っていう言葉が、とても嬉しかったらしいです。

 

この気持ち、よくわかる。

お医者さんには、不用意に「年だからねえ」って言ってほしくないものです。

これを言ってしまうお医者さんは、

「あきらめてね」っていうのと同義語だって、気が付いているのかなあ。

 

さて、今日こそ、お片付けできそうです。

一日だけ、だらけながら、がんばろう。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング