茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

ぼわんぼわんの山

友人と山の桜を観に行った時のことです。

川べりの桜もよいけれど、山の桜も素敵です。

幾種類かの桜が、咲いたり散ったり、つぼみだったり。

いろいろな状態の桜を楽しませてもらいました。

花桃も、満開で、それはもう素敵でした。

樹齢何年かなあ。100年はゆうに超えていそうな大きい古木もありました。

年をとっても、きれいに花を咲かせていました。

 

遠くに、間近に、山々が見えました。

黄緑と桜色とが山のあちこちにぼわんぼわんと彩を添えていて、

春の山の美しさを見せてくれました。

 

f:id:kureyonnobasann:20180410071801j:plain

 

若い頃は、こういう山を見てもあんまり感動しなかったね。

あの、ぼわんぼわんの彩を、素敵と思うようになったねえ。

そう言えば、若い頃、花見よりしたいこといっぱいあったよね。

忙しくてさ、いつの間にか、桜散ってたっけなあ。

いつ咲いて、いつ散ったか、わからないうちに春が終わっちゃってたね。

 

なんて、きままなおしゃべり。

 

そんな会話の中で、友人が素敵な言葉を教えてくれました。

 

あの若い緑の美しい様子を、「銀緑」って言うんだって。

 

銀緑。ぎんりょく。

 

知らなかった言葉でした。

なんてきれいな言葉でしょう。

 

ぼわんぼわんの山の情景と一緒にこの言葉は、しっかり私のお気に入りになりました。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング