茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

「メルカリ カウル」に挑戦。初出品。2時間後に2冊、売れました。

先日からの「お片付け気分」の勢いで、はじめたこと。

何せ、一部屋から、ゴミ袋3つ分のモノが去ったのは、嬉しい気分。

じゃあ、定期的に処分はしているものの、

日に日に増えてしまう本も処分しよう。ということで。

 

どなたかのブログで、メルカリカウルが紹介されていたのを思い出した私。

60過ぎても、好奇心アリの私。

どれ、やってみようじゃないの、の、野次馬根性いっぱいの私。

メルカリカウルっていうのは、かの有名なメルカリの、書籍やCDなどに特化したフリマサイトらしいです。

 

びくびくしながら、挑戦してみました。

 

ネットフリマを利用したことがないのに、

そこに出品するなんて、ハードル高すぎ。

 

でも、時間だけはあるし、面白そうだからやってみることに。

売れなくたって、いいじゃん。

古本屋さんに持ち込んでも、新刊の単行本で300円くらいだし、

新刊文庫でも100円くらいだし。

じゃあ、手間がかかっても、1冊400円くらいで売れるなら、

ネットで売るのもありかも。

 

さて、おそるおそるメルカリに行ってきました。

メルカリアプリをダウンロードして、入会して。

簡単に会員になれるのね。

 

そうして、メルカリカウルのアプリをダウンロードして。

これも簡単。

 

さて、売りたい本のアップ。

 

アプリさんが、本の裏のバーコードを読み込んでくれる。

スマホで写真を1,2枚撮って、アップ。

本の状態を記入してアップ。

それで、おしまい。

値段は、適正値段がわからないので、アプリさんのお勧めの価格に設定した。

その中に、送料とメルカリ手数料が入っているので、もうけは、わずかなのが、わかった。

 

30分もたたないうちに、💛いいね、が二つついた。

あら、もしかしたら、買ってくれるのかしら。

楽しみ~~~。

 

なんて言っていたら、アップして2時間後に、

メルカリさんから、チロ~~ンとお知らせが。

なんとまあ、一冊どなたかが、買ってくださったようです。

びっくりです。

ビギナーズラック。

うかれていたら、すぐに2冊目も買ってくださった方がいて。

 

そうそう、こういうのって、個人情報を相手に知らせるの、嫌ですよね。

らくらくメルカリ便とか、ゆうゆうメルカリ便を使うと、互いの住所を明かさずに、お取引できるんですって。

便利な世の中です。

 

本を読み終わって、アップして、売れなかったら、

一か月後に、いつもの新古書店に持ち込んで売ればいいもんね。

 

でも、売れたとしても、梱包して、郵便局まで出しに行って。

時給にしたら、これまた、なんの儲けにもなりません。

世の中そんなに甘くないです。 

あくまでも、目的は、本棚の整理と、好奇心を満足させるためですからいいのですけどね。

 

ところで、売れたはいいけど、売れた後何をしたらいいか、全くわかっていないので、あたふたした私でした。

続きは、後日。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング