茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

通帳に記入できる便利な6文字メモ

税金を納めなくてはいけません。

今回、信用金庫から、納めることにしました。

 

信用金庫へ行きました。

通帳から振り込んでもらおうとしたら、「一回おろしてからね」と言われました。

 

カードでATMから引き出そうとしましたが、3回やってもできませんでした。

ありゃりゃ。

とうとう、ATMの使い方までわからなくなったか、私。

仕方なく、また窓口に行って、「おろせなかったです」

って言いました。

よく聞いたら、1000円単位までで扱うそうで、

私は、400円、という100円単位までおろそうとしたから、

ダメだったのだそうです。

そうなんだ、100円単位だとおろしてくれないのね。

知らなんだ~~~。

 

結局払い戻し書みたいなのを記入して、判子押して、おろしてもらって、

税金を納めることになりました。

 

払い戻し書に記入するときに、

6文字までなら、使い道などを通帳に印字できるように指定できますよって教えてくれました。

例えば、〇〇学費、とか、〇〇の家賃、とか、〇〇税とか、お願いできるんですって。

わあ、なんて、親切&便利な仕組み。

今まで、おろした時に、そのお金の使い道をボールペンで通帳に書き入れていました。

今回は、おろした金額のお隣に、使い道を印字してくれました。

これで、今回の税金を私の通帳から納めたって、証拠が残ります。

ありがたい仕組みです。

そんな便利なことをしてくれるなんて、知らなかったので、

私の通帳は、ボールペンメモで、いっぱいです。

 

どこの銀行でもしてくれるのかしら。

ここの信金さんだけがしてくれるのかしら。

分かりませんが、この信金さんでお金をおろした時には、このメモを利用しようと思いました。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング