茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

「メルカリ カウル」に挑戦。続き。発送できた、入金された。

 

tyanomadeosyaberi.hatenadiary.jp

 この記事の続きです。

 

さて、出品した本を買ってくださる方がいました。

その方が、入金したという連絡が、カウルから来ました。

 

発送の準備です。

 

本が、濡れないように、ビニルで包みました。

やや厚い紙で、本を保護しました。

封筒に入れました。

これで、梱包はオシマイ。

 

私は、ゆうゆうメルカリ便で送ります。

お互い匿名で取引できます。

でも、発送したコンビニの最寄りの郵便局は、表示されてしまいますけどね。

名前は出ません。

 

荷物の大きさ制限は、

 

 A4サイズ・厚さ3cm以内
3辺合計 60cm以内(長辺34cm/厚さ3cm以内/重さ1kg以内) 

 

全国一律、175円です。

これは、販売代金に含まれます。

 

つまり、300円で売りますと、

30円がカウルさんの販売手数料(代金の1割)で、175円が送料。

300-(30+175)=95

そうです、95円にしかなりません。

封筒代もかかっているしねえ。

300円で売って、95円の儲けです。

ね、儲けを求めちゃいけないでしょ。

自宅本棚を整理したくて、

でも資源回収に出すのは嫌。

そういう人向けの作業ですね。

 

あら、話が脱線しちゃった。

 

さてさて、梱包が終わって、スマホの「取引画面」でちょこっと作業します。

送り状作成です。

3かいくらいポチポチしたらできちゃいます。

 

いよいよコンビニへ。

いや、郵便局でもいいんです。

 

スマホの画面に現れたバーコードみたいな四角い模様を、コンビニの機械にかざします。

コンビニの機械から出たレシートみたいなのを、レジに持って行くと、

何やら、荷物に貼り付けるものを出してくれます。

それを、貼り付けて、発送完了。

 

おばさんでも、できました。

コンビニの方も親切だったし。

 

そんな風に、すでに、6冊発送しました。

 

相手の方が、「着いたよ、取引ありがとね」みたいな連絡をくれたら、

販売完了。

売上金、ゲットです。

 

 

でも、あれから、注文は入りません。

やはり、ビギナーズラックだったようです。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング