茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

読書記録 「雨に泣いてる」 真山 仁 著  幻冬舎

「雨に泣いてる」 

真山 仁 著  

幻冬舎

2015年1月発行

 

新聞記者が、どんなに心を痛めて、災害時の報道をしているのかが伝わってきました。

災害現場では、自分の心の平静さが保てないのは当たり前だけれど、

彼らは、強い意思で、報道をしているのだということが、伝わってきました。

 

事実を伝える。

それが報道。

ジャーナリズムとヒューマニズム

悩みながら取材をし記事を書き、事実を伝えようと必死で仕事をしている記者。

 

後半の話もぐんぐん引き込まれました。

 

読み応えのある小説でした。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング