茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

2万円、無事戻る。

 

 

今回も、ありました。

 

小さい紙ごみを見つけながら、

なんとなく、不思議な手ごたえが。

あれ、これは、なんだろう?

燃やすごみの中から見つけた

半分にちぎってくしゃっと丸めた封筒を、

昨日の記事の続きです。

 

tyanomadeosyaberi.hatenadiary.jp

 びりりと破かれた一万円札を見て、事の次第を話し、

話す私も聞く母も、大笑いした後のこと。

 

「こんなこと、もう、一生出合えないだろうから、写真撮っとこう」

という私に、

「まったくねえ。

 惚けたんじゃなくて、ただの粗忽者ってことよね」

と母。

 

 

f:id:kureyonnobasann:20180419115946j:plain

 

 午後、学習会に参加したあと、

銀行に行きました。

 

私のわずかな知識。

「破いたり焼いたりしてしまったお札は、銀行に持って行けば使えるお札にかえてくれる」らしい、ということだけ。

 

破いたお札を持って、銀行に行くことにしました。

恥ずかしいなあ。

お札を破くなんて、罰当たり。

資源の無駄。

お金さんを大事にしていないから、お金の神様もご立腹だろうなあ。

神社に行ってお詫びしてこよう。

さて、破いたお札の他に、何を持って行けばいいのかな。

念のため、通帳やら判子やら保険証も、持って行こう。

 

銀行に着きました。

さて、どの窓口に?

「お札を破いた方は、こちらへ」

なんて、どこにも書いてないのです。

そりゃそうだ。

 

親切な行員さんが声をかけてくれたので、

事情を説明すると。

 

「両替ですね」

とおっしゃった。

 

そうなんだ。

お札を破いたりしたら、「両替」ってことになるのね。

 

「これなら、大丈夫です。

 もっとびりびりだと、鑑定に出さなければいけないんですよ」

「当行の、カードお持ちですか?」

通帳を見せたら、

両替の申込書をくださったので、それに記入。

5分くらいで、新しいお札を渡してくださった。

 

裏で、偽札じゃないか、確かめてきたのかしらん。

 

こうして、破いてしまった2万円は、無事、新しいお札に替えていただけたのでした。

 

ほんとに、笑ってる場合ではない。

おおいに反省しなくちゃいけないことでした。

 

今日は、落ち着いた生活を心がけようっと。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング