茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

しつこくメルカリカウルの話題です。(私って世界、狭っ)

 最近のマイブームは、メルカリカウル。

引っ越し準備でメルカリカウルで、本を売るはずが、買ってしまった話を以前書きました。

 

あ、引っ越し準備ってね、あちらの世界に逝く準備。

終活って言葉、嫌いだから、私は「引っ越し準備」って言ってます。

人生の終わりに向かって準備って考え、嫌じゃん。

死ぬまで、成長するんだもん、私。

成長しきったところが、ゴールなのさ。

もう、成長しなくていいですよって、神様か誰かか私自身が言ったら、成長やめますから。

 

話を元戻しますと、

メルカリカウルで買うと、

その買った本が、「本棚」というところに購入記録が残り、

そこから、また、売りに出すことができる仕組みになっていた。

 

メルカリカウルで買って、読んで、またメルカリカウルで売る。

ここで、一冊の本が、カウルの世界でぐるぐる回っていくわけだ。

なるほど。

そうすると、私の買った本も、前の持ち主が読んだだけじゃなくて、

その前に持ち主がいたかもしれないということかあ。

いや、そんなこと、ないかなあ。

ちょっと、フクザツな気分。

 

 

でも、なんでもやってみたい私は、「本棚」からも出品してみたくなって、

カウルで買った本を出品してみた。

とりあえず、品物の説明欄に、「メルカリカウルで買いました」って

正直に書いたけど、

そんなことしたら、売れないかしらん。

 

こんなこと書いていると、チランと音が。

一冊売れたようです。

新刊本は、即、売れるのですね。

世の中の本好きさんが多いことに改めて仲間意識を持ち、

売れるスピードに、便利な世の中よのぅ、と思う。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング