茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

そうなんだけどさ。

 

アラベ―の母。

あちこちの病院に行く。

私の最近の仕事は、通院付き添い。

月に、8回は、通院付き添いがある。

だから、病院ネタは、つきない。

 

先日の、とある病院の待合室で。

 

診察が終わって、会計を待っていた時の事。

 

何か、書類を渡したいらしく、事務員さんが、母に声をかけた。

 

事務員さん。

「お名前、うかがってもよろしいですか?」

 

母。

「はい、いいですよ」

 

事務員さん。

「‥‥‥‥」

 

母。

「‥‥‥‥」

母は、事務員さんが「お名前をうかがう」のを黙って待っているようだった。

 

事務員さん。

気が付いたのね、自分の言葉を母がどう受け取ったかを。

「お名前は?」

 

母。

「〇〇です」

 

 

 

後ろで聞いていて、あれまあ。と思った。

 

そうだよね、事務員さんは、「お名前を聞いた」んじゃなくて、

「お名前を聞いていいかを聞いた」んだもんね。

母よ、あなたの日本語感覚の方が、合っている。

 

合っているけど、ね。

 

こういう、回りくどい、おかしな日本語の使い方が、

世の中にはびこっているんだよ。

 

私だってさ、

よく笑い話にあるけど、

「こちら、コーヒーになります」

っていう言葉に、

「じゃあ、前は何だったの」

って、いまだにつっこみたくなるもん。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング