茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

シラノ・ド・ベルジュラック観ました。

 

日生劇場シラノ・ド・ベルジュラックを観てきました。

シラノ  吉田鋼太郎

ロクサーヌ  黒木瞳

クリスチャン  大野拓朗

 

舞台の向かって右手で、ずうっとピアノを弾いている「楽士」さんに、何度も目が言ってしまった。

すごいなあ、あの人。

要じゃないの、この劇の。

背中を見ているだけだったけど、存在感半端なかったです。

 

吉田鋼太郎さんのシラノ。

さすがです。

違和感なく、物語の世界に引き込んでくれました。

 

始まって最初の数分は、セリフは早く感じられて、

聞き取れないセリフがありました。

ああ、年のせいなのね。

もっと全体的に、ほんのちょっと、ゆっくり話してくれないかしら。

一度に数名が話すのは、私には、聴き分けられないし。

そんなふうに思っていたのに、

だんだんと、セリフが分かって来るから、不思議でした。

 

美しくもなく、詩にもそんなに興味のない私は、ロクサーヌには、まったく感情移入できなかった。

自分の思いを、飾った言葉にできないクリスチャンの気もちの方が、分かったような気がします。

 

クリスチャン、がんばれよ~~。

クリスチャン、それは、つらいよねえ。

クリスチャン、男らしいぞ、ホントだぞ。

 

結局はイケメン好きなんだ私も。

シラノ、ごめんね。

 

十二分に楽しめた、素敵な舞台でした。

 

 

近代美術館、江戸城跡の散歩、シラノ・ド・ベルジュラックを観劇。

 

話は逸れますが、

これだけ、がんばって、気分悪くならなかったです。

めでたしめでたし。

去年より、元気になってます。

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング