茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

読書記録 「90歳。何がめでたい」 佐藤愛子 著  小学館

「90歳。何がめでたい」 

佐藤愛子 著  

小学館

2016年8月発行

 

かなり売れていたのにね、今頃読みました。

佐藤愛子さんの本は、何年ぶりに読んだのかな。

以前、いつ読んだか思い出せないくらいです。

 

相変わらずの、愛子節が、気持ちよい。

こんな90歳になってみたいものだわ。

本の題名の付け方も、キャッチ―で、うまいなって、思いました。

 

どこを読んでも、愛子先生が怒っているのを、そうだそうだ、そうだぞう~~、って思って読んでいるから、とっても気もちがいいの。

 

こうして怒れる人、本人も、気持ちがよいでしょうねえ。

 

私って駄目な人間なんですぅ、って言ってる人には、

「駄目だと思うなら、その駄目さを駄目でなくせばいい」

「いいたいことをいえばいい」

「いえなければノートに書くんです。そうすれば、発散して軽くなる」

自分の弱さと戦え、闘わないで嘆いているのは甘ったれだ!

 

なんて、気持ちがよいのでしょう。

 

言いたいことを直接本人に言えな人には、

「気弱」なんてものじゃない。「怠け者」だ。

 

 

そのほか、

思い出のドロボー

平和の落し穴

覚悟のし方

 

が、気に入りました。

 

佐藤愛子先生は、尊敬するが、自分にはなれない。

自分にはなれないから、この人の本を読むと、わははとなんでも笑い飛ばす元気をいただいた感じになるのかな。

 

「100歳。何がめでたい」も読みたい。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング