茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

ぎっくり腰のおかげで、読書三昧の日々でした。

 

こんにちは、ご無沙汰しております。

皆様はお元気でしょうか。

私は、腰は痛いものの、こうして、パソコンの前に座って作業ができるようになりました。

 

どんな一週間だったのかな~~~?

 

 

土曜日夜。

なにやら腰が重だるいなあと感じながら就寝。

たくさん歩いた後の脚の疲れがとれないのかな。

整骨院のマッサージがきつかったのかな。

そんなことをうっすら思いながら寝たのだった。

 

日曜日。初日。

朝。

さて、起きようかなあ~~と起きあがったら、

ぎくっ!!

動けぬ。

必死の思いで、トイレは済ませたけれど、どうやっても、腰が痛い。

立ち上がるのに、脂汗。

寝てるだけの一日。

寝返りも打てず、眠れぬ夜。

眠いのに眠れない。

残酷だなあ。

 

月曜日。二日目。

どうやら、頑張って立ってしまえば、壁伝いに動ける。

タクシーに乗れそうだ。

ということで、医者に行く。

タクシーの運転手さんに同情されつつ、医者に着く。

診察は、

レントゲン撮って、腰温めて、おしまい。

 

「はい、いいですよ。湿布出しとくからね~~。」

 

ええっ!!

こんなに痛い想いをして、

タクシーで来たのに、それだけ・・・??

いいですよって、何が?

 

ぎっくり腰って、結局、何にもできないんじゃんお医者さんには。

(整形外科のお医者さん、もし、これ読んでいたらごめんなさい。

 このときは、こう思っちゃったの)

 

先生に言われて、椅子に座って、腰をあたためる器械を当ててもらって、

10分。

じんわりと、腰は暖まった。

だがしかし。

 

「先生、来た時より、痛いんですけど。

 あたためたら、もっと痛くなっちゃいました。」

 

 座っているのもつらいってのに、何なの、この治療っ!!

(これは、心の中の声)

 

先生は、

「じゃあ、注射でもしておこうか」

と、おっしゃって、

腰に2つ、注射を打つことになった。

注射針を刺すのはちっとも痛くなかった。

腰の痛みに紛れたからね。

 

痛み止めと湿布を処方してもらい、帰宅。

そして、寝転がる一日。

洗濯機はかけたけど、干したのは母。

食事は全て、母のお世話になる。

 

火曜日。三日目。

まだ、痛くて、寝返りは打てない。

でも、トイレが楽になって来た。

一日、転がって過ごす。

でも、立ち上がれたので、掃除機だけは、かけた。

洗濯もした。

あとは、何も、しない。

 

水曜日。四日目。

なんと靴下が履けるようになった。

着替えもそれほど苦労しないでできた。

家の中で、起きあがって、ふらふらしては、横になり、の繰り返し。

行けなくなったライブのチケットをトレードに出す。

ファンクラブ先行で当たった席は、アリーナの10列目。

そんなところに座ったら、腰がもっと悪くなるのは確実。

泣く泣くのトレード出品。

これだけのことをパソコンでするのに、一気にできず。

そう、立てたり歩けたりできるようになっても、

座っている姿勢がとってもきつくて。

10分座ってると、痛くなって、ごろり、の一日だった。

 

木曜日。5日目。

続けて座っていられる時間が、30分くらいに伸びた。

回復している。

 

金曜日。6日目。

母の通院日。

まったく、どっちがつきそいかわからないなあと、

小雨の中を、歩いて病院に行った。

無事、任務、完了。

帰りに郵便局にも寄れた。

初めて、代金引換郵便というのを利用した。

直接会わなくても、チケット代が振り込まれるなんて、便利だなあ。

 

座っていられる時間が、1時間くらいに増えた。

嬉しくて、テキスト出してきてお勉強しちゃった。

「勉強って、楽しいなあ」なんて口走ったら、

母が、変な顔しながらも、「それはよかったね」って、ほっとしたようだった。

 

土曜日、今日、7日目。

ぎっくり腰になって一週間。

こうして続けて座っているのが、昨日より、楽。痛いけど。

掃除、洗濯、朝昼の食事の支度はできた。

部屋の片付けもする元気が出てきた。

これを書き終ったら、少し、部屋を整えましょ。

(しかし、どうなるかわからない。あくまでも願望)

 

さて、こうして一週間、寝転がっている時間が、たっぷりあったので、

読書した。

手元にあった本を、適当に。

 

堂場瞬一。暗い穴。ハルキ文庫。

岡崎琢磨。春待ち雑貨店 ぷらんたん。新潮社。

浅田次郎。おもかげ。毎日新聞出版

萩原浩。海馬の尻尾。光文社。

 

腰が痛むのを紛らわしながらの読書は、

吸収力が劣っていたらしく、

感動は、イマイチ。

読書も、身体に痛みがあると、十分浸れないんだなあ。

って、あたりまえのことを、再認識した。

 

そんな体調の中でも、浅田次郎さんの本は、よかった。

元気になったら、再読したいと思った。

こんな体調の時に読むのは、もったいなかったな。 

 

ここまで書いて、座っているのがつらくなったので、

アップしたら、寝転がることにする。

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング