茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

私の言うことは聞かなくても、医者に言われると素直なのね。

 

母が、おなかがゆるいと言い出した。

よくよく聞けば、ここ数日、緩かったそうで。

今日は、かなりピンチのようで、私に言ったのだった。

まったく、ぎりぎりまで我慢するから、あとで面倒になるんだよなあ。

まあ、母は母なりに、ちょっとしたら治るかもと思っていたらしいのだが。

 

年寄りの下痢は、危険だ。

脱水症状になるかもしれないじゃないの。

 

私は、慌てて、いつものかかりつけの医者に連れて行った。

今日は、主治医の先生はお休みだけど、どうにかなるだろうと思って。

受付の方は困った顔をしていたが、結局、もう一人の先生が診てくださって、

脱水が怖いから、点滴していきなさい、ということになった。

点滴、2時間。

待合室で、ずっと座っていたので、腰の痛みがぶり返して来た。

あ~~あ。

また、整形で、腰に注射かあ~~~~。

 

点滴が終わって、もう一度、先生にお話を聞く。

先「おなかが緩くなるのをこわがって、水分、採らないのだめだよ。

  明日も点滴にいらっしゃい。

  夜は、暑すぎないようにクーラー上手に使ってね」

私「先生、母は、私が何度言っても、クーラー使いません」

先「お母さん、ちゃんと、クーラー使ってね」

母「はい」

 

わが家は、両親の部屋(今は母だけ)にクーラーはない。

家を建てる時、昔の人だから、クーラーなんかいらん。とか言って、つけなかったのだ。

その後、何回か言っても、「いい、いらない。なくてだいじょうぶ」

と言い張り、いまだにクーラーなしで、夜を過ごしている。

 

私は、母に、暑い夏の間だけでも、クーラーのある居間で寝なさいよ~~って毎年言っているのに、

頑固な母は、私の言うことは聞かなかった。

 

でも、今夜。

 

「お布団運んどくね~~」

って言ったら、

「は~~い。よろしく」

と素直なお返事。

 

まったく、数年間、私が言い続けた「クーラーの部屋で寝ろっ!」

を無視し続けたくせに、

点滴しなくちゃならなくなって、

医者にもクーラー使えって言われたら、

この変容。

 

なんだか、ちょっと、面白くないけど、ま、いっか。

結果オーライで。

 

さて、明日も、点滴してもらいに行く。

私の腰を、どう休めようかなあ。

 

頑固な年寄りは、意地はって頑張っているときは、偉いなあと思うけど、

こういうときの頑固さってのは、いただけません。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。 お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。⇒  60代ブログランキング