茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

読書記録 「架空の犬と嘘をつく猫」 寺地はるな 著  中央公論新社

「架空の犬と嘘をつく猫」 

寺地はるな 著  

中央公論新社

 

2017年12月発行

 

寺地はるなさん、知りませんでした。

題名と、帯の惹句に惹かれて読み始めました。

 

羽猫家の6人の、変わった嘘。

それぞれの優しさからの嘘。

そういう嘘もあるのかと思うような嘘。

切なさが痛々しい嘘。

嘘つきは嫌い。

嘘をつく心を慮ってその嘘に寄りそう嘘。

 

なんだか、素敵な物語でした。

 

いいなと思った言葉

・じょうずに他人に頼れる子になってほしい。他人の力を借りることは、恥ずかしいことでもなんでもない。他人の能力を認め、信頼していなければできないことです。

・あたしならそんなことしない、という目線で他人の人生を見る時、そこにはたしかに優越感のようなものが滲んでいる。(中略)安全な場所から他人の選択に口を出すのは、恥ずべきことだと自分を戒める。

 

これは、母の点滴付き添いの間の読書でしたぁ。

4日間点滴に通い、元気を取り戻した母。

前回の記事のように、ちゃんとクーラーの部屋で寝ています。

ひんやり触感の寝具もプレゼントしました。

気にいってくれたようです。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング