茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

読書記録 「発達障害のピアニストからの手紙」 野田あすか 著  アスコム

暑い。

涼しいうちに、のびすぎたもみじを伐ろうと庭に出たが、

暑い。

慌てて日焼け止めを塗ってから、出直し。

それでも暑い。

麦わら帽子の出番。

九時台で、もう、こんなに暑い。

適当に伐っておしまいにした。

もみじの枝がぴょんぴょん伸びたってさ、みっともないだけで、何も困ることはないもんね。

 

さて、本の話。

 

発達障害のピアニストからの手紙」 

野田あすか 著  

アスコム

 

そもそも、この本を手にとったのは、

以前、ラジオのおおさわゆうりさんの番組で、

野田あすかさんが出演したのを聞いたのがきっかけ。

野田さんの生きずらさと、それを克服しつつ、自分の気もちをピアノで伝えている活動に興味を持ったから。

 

ラジオで聞いて、すぐにネットで、野田あすかさんのリサイタルのチケットを買って、

一緒に行ってと友達に頼んで、

先日、リサイタルにも行ってきた。

医者に、

「リサイタルに行くから、痛み止め打って」

と頼み、痛み止めも飲んで、コルセットもして、出かけたリサイタル。

あったかくて、力強さもあって、ほんわかしたところもあって。

とっても素敵なリサイタルだった。

 

そのリサイタルの後、この本にたどり着いた。

 

母の点滴待ち時間に待合室で読んだこの本。

選択を誤った。涙が出てしまうところがあったから。

でも。

一気に読んでしまう本だった。

 

発達障害が、周りに認知・理解されていないと、

こんなにも生きるのが大変だなんて。

想像を超えていた。

彼女にピアノがあってよかった。

理解者が現れてよかった。

ピアノで幸せを届けたいと活動をする野田さんに、感銘を受けた。

 

自分も多少、人とのかかわり方が下手くそでストレスになることもあるけど、

そんなときには、付録の野田さんのCDを聴いて、

(もう一冊の、CDブックも購入した)

野田あすかさんのピアノを聴いて、心を和ませたいと思う。

 

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング