茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

母が入院しました。けんか相手がいないと、寂しいです。

 

今晩のブログは、毒舌です。

 

今月の頭から、おなかの調子が悪かった母。

下痢がひどくなった11日に、かかりつけのお医者さんに行き、点滴を打ってもらった。

その後も、ほぼ三日に二日の割合で、点滴を打ってもらっていたけれど、

いっこうによくはならない。

心配で心配で仕方がない。

がりがりに痩せそうで。

 

医者は言う。

点滴は水分補給だけが目的です。

 

じゃあ、栄養は、どうやって摂るのさ。

食べられないから栄養採れないじゃないっ!!

 

しつこい私の追及に、栄養剤や栄養ドリンクを、木曜日に処方してくれた。

木曜日。

「入院しても、ボケるだけ。歩けなくなるだけ。点滴は水分補給だけ。

 入院の意味はありません」

って言ってたくせに、

金曜日。

「ここが休みのときに対応できないから、入院する?

 〇〇病院の先生に昨日会ったから、話しといた。

 紹介状書くね」

だって。

 

わけわかんない。

あなたがた、まさか、母の入院を居酒屋で決めたわけじゃないでしょうね。

 

そして土曜日。

今日。

〇〇病院に入院した。

家にいて、下痢を繰り返して家族みんなで心配しかできないよりは、

病院にお任せした方が、なんぼかマシでしょ。

いちおう、プロなんだから。

 

入院説明で、内科の先生が、どうでもよさそうに話す。

そして私に向かって、

「あなたが入院させたがったんでしょ」、みたいなことを言う。

まったく、こいつら医者は、「こうして治療しよう。患者を治そう」っていう、ポリシーないのか?

メンドクサイから、入院させちゃえ、ってこと?

ここでも、喧嘩しそうになったわい。

 

「いいえ、今日入院したら、っていったのは、××先生ですよ。

 私に判断できるわけないじゃないですか、素人なんだから。

 毎日言うことが変わってとまどってるんですっ」

って言い返したら、

「まあ、入院するかしないかの境目ってことだったんでしょう」

と言い逃れる。

「こんなに下痢が続くなんて、まさか、大腸がんとかじゃないですよね」

って言ったら、

その内科医は、

「えっ?」って言った。

先生、その可能性、考えもしなかったの???????

「そんなこと、××先生の紹介状に書いてないから」

だって。

自分では、考えないんかいっ!!

何のための、医者なんだか。

 

この医者は、大丈夫か?

信頼できるのか?

 

年寄りだから、何日か、ベッドに寝かしといて、

そのうち下痢もおさまるでしょ、なんて軽く考えてるんじゃないか?

と、猛烈に心配になってきた。

この先生も、水分の調節だけしかできないよっておっしゃる。

「下痢を止めて、体重増やしてください」と、お願いしたけど、どうかなあ。

まあ、最低限、脱水症状にはしないってことだよね。

「私が知りたいのは、下痢の原因なんですっ」って言う私に、

ちゃんと返事してほしかったなあ。

 

ねえ、下痢って、治せないのでしょうか?

89歳の年寄りが、もう4週間近く下痢していて、

薬を貰ってもよくならず、

体重が減るばかりで、

家族や本人が心配し不安になるの、あったりまえじゃん。

どうして、「下痢がおさまるように努力しますね」、って言えないんじゃっ!!

 

もう、ワタクシは、アッタマ来て、先生の目の前で、おっしゃることをメモメモしました。

よくわからないところは、確認し、説明を求めて、念をおして。

書き書きしました。

 

先生は、だんだん、えらそうなぶっきらぼうな態度から、普通の話し方になってきました。

うかい、言ったことを記録されるの、嫌なのかい。

 

これからも、してやる。

 

なんだよ、やれば、ちゃんと話せるじゃん、って言いそうになったよ。

 

患者や患者の家族は、先生より、馬鹿で位が下なのかい?

って、言いたかったけど言いませんでした。

 

だって、これから、母を人質にとられるんだもんね。

 

あ~~あ、こちらの先生には、「医は仁術」って言葉、知らないんだなあ。

 

点滴に連れて行くのを面倒に思った娘が、無理やり入院させたがったと、思ってるんでしょうねえ。

 

ざあんねんでした。

毎日毎日お見舞いに行って、どんな治療をしてくれるのか、しっかり見ますよ~~ん。

 

〇〇病院。

事務の方も、看護師さんも、薬剤師さんも、みんな感じがよかったです。

あの医者以外は。

 

内科の評判落としているのは、医者だったんだねえ、〇〇病院。

 

母には、ボケ防止に宿題出して来た。

 

トイレに行ったら、その時刻と状態をメモ。

薬を飲んだ時間をメモ。

食事の量をメモ。

点滴してもらう時は、控えめな言い方で、「これは何の薬ですか」って聞く。

 

さて、明日行ったら、宿題点検しなくちゃ。

 

ちなみに、わが意地っ張り母、89歳は、写メができます。

3つの4ケタの数の合計ぐらいは、暗算でしています。

(私は筆算)

今のところ、惚けちゃいません。

新しい電化製品の扱いは、苦労するけど。

 

今日は、せっかく入院したのに、検査ばかりして、点滴などの治療行為はなしだった。

 

検査なんてさ、しなくていいじゃん。

××先生からのお手紙の資料に入ってるんじゃないの。

血液検査とか、心電図とか、××先生のところでついこの間、やったじゃん。

そういうの知らせるのが、紹介状でしょ。

 

「その検査は、誰にとって必要なんでしょう?」

っていう言葉も、出すのを我慢した。

 

 

病室で、

あの紹介状には、口うるさい娘がいるから注意した方がいいよ、ってことしか書いてなかったのかもねえって、母と笑ってしまいました。

 

笑顔の元を作ってくれてありがとね。

 

今夜はつまんないな、母がお留守で。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。 お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。⇒  60代ブログランキング