茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

気疲れした日★「いとこ」が、わからない~~

母の代理で、叔父のお通夜に行った。

棺の中の叔父に会った。

叔父の顔は、きれいで、優しげで、眠っているようだった。

叔母とご飯を食べて、少ししたら、ふうっと去ってしまったという。

苦しむことなく、向こうの世界に散歩に行っちゃったよ、って叔母は言っていた。

 

普段の親戚付き合いは、叔父叔母の葬儀には参列するも、その他は母任せ。

数年おきにあった叔父叔母の葬儀も、母のお供だったので、ぼんやりしていて大丈夫だった。

だが、今回は、母なしでの参列。

 

何年振りかに会ういとこたちが、だれがだれだかわからない。

そもそも、母は10人きょうだいなので、従妹の数は、20人を超える。

叔父叔母はもちろんわかるけれど、いとこのみなさんは、もう、誰が誰だか、謎。

そして、その奥さんや旦那さんとなると謎だらけ。

その下の代となると、わけわからん。

その高校生は誰の孫?

そのきれいなお嬢さんは、誰の子?

もう、親戚っていったい何人いるのかしら。

 

母のきょうだいとその代理人が残る通夜振る舞いの席で、

お寿司をつまみながら、

叔母や叔父としゃべりながら、

叔父叔母の代理で来ている謎のいとこたちを眺める。

どことなく叔父叔母に似ている人は、推察してだいたいわかる。

でも、わからない人の方が多い。

なんだかとっても落ち着かない時間だった。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング