茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

母一時退院。次の病院は。

 

母が退院する。

おなかの調子が戻ったので、もう点滴不要になったから。

母は、それを聞いて、すぐその日に退院する気で喜んだ。

でも、そうはいかない。

色々な手続きやら書類の準備やら、薬の調整など、なんやかやで、即日退院とはいかない。

 

退院して、家に戻ったら、

入院中に見つかった不具合があるので、

大きな病院に行かねばならない。

また検査かあ。

ここでやった検査、同じようなの、またするんだろうなあ。

結果によっては手術が必要かもしれない。

体力と相談しながらの治療になるんだろうなあ。

 

お盆の時期なのに、次の病院に受診に行かねばならない。

母を連れて、タクシーでお出かけだ。

 

どうせ、待たされて、初診担当医がちょこっと診察して、

次の検査の日を決めて、

また行って。

検査の結果が出てから、専門の先生の出番。

まったく、大学病院て、面倒。

すぐに専門医が出てくればいいのに。

 

「退院したら、母さんと病院に行ってくるから」

そう2階の弟に言ったら、

「なにも孫が帰ってきて泊まる次の日に行かなくても」

なんていう。

泊まったって、昼間はお2階さんだけで食事や買い物に行ってしまう癖に。

お盆で姪っ子たちが帰って来たって、夜はおしゃべり楽しむけれど、

昼間の母と私にゃ無関係だもん。

家にいようが病院に行こうが、2階には、なんの影響もない。

 

弟は、自分の親が病院に行くのに、帰省した子供や孫と出かけることに、後ろめたさがあるんでしょう。

すっきりした気分で楽しめないから、嫌なんでしょう。

でも、それって、自分の気もち優先してるだけじゃん。

一刻も早く、医者にかかりたいっていう母の気もちは置き去りじゃん。

じゃあ、子供たちとの買い物なんか出かけないで、母親を病院に連れてけよ。

だよなあ。

いっぱい母親に世話かけたくせにさあ。

 

半年ぶりに帰省する子供たちにサービスしたいんでしょう。

その気持ちもわかる。

姉として、全く責めちゃいませんとも。

素直に、

「俺、子供たちと出かけるけど、母さん頼むね」

って私に言えばいいじゃん。

その一言で、いいんだけどなあ。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング