茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

意地っ張りは、得?損?気の合わない医者との付き合い方は?

 

大学病院で、「もう血圧安定してきたから、地元の病院に行ってね」

と言われ、地元の病院に行くことにしました。

 

たかが高血圧の患者なんか、いつまでも相手にしないのが、大学病院。

だから、素直に、地元の病院に行きました。

あんまりよろしい評判はないけれど、まあ、血圧のことくらい、ちゃんと診てくれるでしょう。

そう思って行きました。

あの病院は、すぐに薬を出すよ。

検査も多いし。

そう聞いてはいたけれど、もう地元に帰れと言われてしまったのだもの、仕方ない。

 

 

3週間前。

紹介状を持って、受診した。

 

紹介状を読み、私の血圧手帳をざあっと見て、

先生は言った。

「私なら、薬、出すわ」

 

そうか、そう来たか。

 

やっぱりね。

 

少しくらい、問診してちょうだい。

少しくらい、生活状況を訊くとか、生活指導するとか、してちょうだい。

手帳、ちゃんと、見たの???

最初の頃は、150前後だったのが、ここずうっと、130前後なんだよ。

ここ2か月の週平均は、ずうっと、130以下なんだよ。

薬の力で下げてるんじゃなくて、自力で下げたんだよ、数か月かかって。

 

それで、お薬出すの???

 

「130越えたら、血圧高め」って、コマーシャルでも言ってるじゃん。

「血圧高め」でも、お薬もう出すの??

 

それって、正しいの??

 

いやいや、言い返してはいけない。

だって、高慢な感じの女医さんなんだもん。

根が根性曲りの私は、偏見もつよ~~~。

先生、あなた、ちやほやされて育ったでしょ、ここの跡取りだもんね。

患者のおばさんなんか、さっさと薬漬けにすれば病院儲かるもんね。

お話するだけの「経過観察」じゃ、儲からないもんね。

 

努力して血圧を下げてきた私は、我が努力をまるで無視されたように感じて、

以上のような気持ちになったのでした。

はい、偏見。いちゃもん。僻み根性。

 

とりあえず、あと2か月後に来て、そのときまた考えましょうと言われて帰って来ました。

 

 

そして、意地っ張りの私はどうする??

 

医者替える?

素直に、次回から、薬出してもらう?

 

いいえ、私の取った行動は‥‥‥。

 

あの医者を納得させる数値にしよう、

と努力することにした。

 

ぎっくり腰で、運動不足だった2か月。

暑さを言い訳にして、ごろごろしていた2か月。

母の通院付き添いでジムにも行かなかった2か月。

体重がちょこっと増え、運動不足にもなっていた。

 

だから、運動することにした。

受診してからの私は、歩くことを再開した。

歩けないときは、家の中で、踏み台昇降

ストレッチも、一日の中で、30分から一時間程度している。

トイレスクワットもしている。

(トイレに行くたびに、30回ずつスクワットするの)

毎晩、体重と体脂肪を測って記録している。

 

少しずつ成果が表れている感じがする。

3週間で、

体重は、1キロ強減った。(アイスをやめたのも大きい要因)

スクワットが軽くできるようになってきた。

座った状態から、片足で立ちあがるのが、以前より楽になった。

そして、血圧は、平均125くらい。

 

どう?

偉いでしょ。

 

 

でも、これから寒くなったら、また上がるかもしれない。

そうしたら、この努力は、見えない努力になっちゃうんでしょうか。

 

あの女医さんに負けるのヤダなあ。

医者に負けるって考え方は、変かもしれないって、わかってるんだけどね。

 

私は、負けず嫌いで世の中渡って来たの。

だから、血圧がだんだん上がったんだろうねえ。

 

次の作戦は、散歩の途中で病院に寄って、自動血圧測定器で測ること。

受診する時って、家で測った時と違って、ずんごく高く出ちゃうから、

病院で測るのに慣れたらいいんじゃないかと思って。

 

やっぱり、お馬鹿かもねえ。

ここまで書いてきて、そう思いました。

 

でも、

馬鹿な自分も、好きだな。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング