茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

読書記録 「GEN 『 源氏物語』秘録」井沢元彦 著

「GEN 『 源氏物語』秘録」

井沢元彦 著

角川文庫

 

古い本です。

亡くなった父の小引き出しの中にあった本です。

最期のころ、これを読んでいたのかなあ。

なんて思いながら、読みました。

 

シミが浮いている文庫本。

 

私の読書好きは父譲りです。

母は、本を読みません。

父は、よく読んでいたし、よく買ってくれたし。

小学生のころは、名作シリーズもそろえてくれましたっけ。

さいころ、大病して、入院に通院、学校にいけない日々。

それでも、

通院のたびに買ってもらう本がうれしくて、病院通いも嫌じゃなかったな~~~。

 

さて、この本。

 

源氏物語の謎、おもしろかったです。

学術的にはよくわかりませんが、井沢さんの解釈、おもしろかったです。

そういう読み方もあるんだ、源氏って。

って思いました。

何にも考えず、物語にひたってしまうわたくしですから、

源氏物語のこういう解釈もあるってことが、とっても意外でした。

探偵役は、なんと、学生「角川源義」さんなんですよ。

え、ゲンギって読んでた、ゲンヨシなの??

って読み始めたら、源義さんの指導教官が、折口信夫さんだし。

おお~~、折口信夫

釈超空。

高校の時に、この人のことを調べて、レポート書いたなあ、懐かしい~~~~。

そんな感じで読み始めて。

 

途中、おや、これは、歴史の講義か、文学の講義か?とちょこっと頭を真剣に使いましたが、

ストーリーは飽きさせないものでした。

一読、お勧めします。

 

私は、この方の、「猿丸幻視行」「忠臣蔵 元禄15年の反逆」のほうが好きなので、ぜひそちらもね。 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング