茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

読書記録 「浅草あやかし絵解き」瑞山いつき 著

「浅草あやかし絵解き」

瑞山いつき 著

宝島社

 

 

病院に行きます。

バスに乗って。

駅前までは歩いて行きました。

駅に行く途中で、気が付きました。

わあ、本を忘れた。

どうしましょ。

検査をしてから診察があるから、待ち時間が、たっぷりあるのに。

本を持たずに病院に行くなんて、それだけで、血圧上がっちまうわい。

 

どうする、私?

本屋さんは家から駅の間にはないんだよなあ。

駅ビルにはあるけど、5階まで行く時間的余裕もない。

コンビニに入る。

一軒目、文庫本、なし。あやしい表紙のは、あった。あんなの読めない。

次のコンビニ。

一応文庫本あった。

しかし、売れ筋のが並んでいる。

うん、もう、そんなの読んじゃったよ~~みたいな本ばかり。

でも、ここで買わなきゃ、だめ。

ということで、この、若い人向けの本を買いました。

表紙も若いし、文章も若いし。

だから、読みやすかったし、病院の待合室読書には最適でした。

結果オーライ、です。

 

お祓いができる画家が主人公で、あやかしが見える姪っ子さんがいて、

見たくても見えないことにじれている友人の作家がいて。

 

浅草が舞台だから、なんとなく風景やお店やお寺さんも思い浮かべられるし、

出てくるあやかしも、よい物語をもっているし。

 

いい待合室読書になりました。

 

気晴らしに読むにはとってもよい本でした。

 

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング