茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

「、」これが漢字って、びっくりですっ!!!

昨日、知り合いからお借りした本を読んでいて、こんな漢字が出てきました。

、(句点)とそっくりだけど、すみっこじゃなくて、

マスのど真ん中に「」が書いてあるのです。

ふりがなが、ふってありました。

「チュ」と読むそうです。

 

長い間、読書を楽しみ、読んだ本は、4000冊くらいあると思うけど、

この漢字を見るのは初めてで、もう、びっくりしました。

 

この漢字が出てきたのは、

倉阪鬼一郎 著

「品川人情串一本差し 海山の幸」

角川文庫

 

書き下ろし長編時代小説です。

自分では、買ったり積極的に借りたりはしないジャンルの本ですが、

面白く読みました。

まあ、安定した時代劇。

おいしそうなものがたくさん出てきて、食欲をそそってもくれました。

 

びっくりの漢字は、この文庫本の、260ページに出てきました。

 

白髪葱と大葉のせん切りを敷いた皿に盛り付け、小皿を添えて出す。

醤油にとつけてももちろんうまいが、今日は酢味噌にした。

 

 

ちゅとふりがながふってありました。

しょうゆに ちゅとつける  

 

音なんでしょうか、ちょこっとつけるという意味なんでしょうか。

 

不思議な漢字があるんだなあというのが、この本で一番びっくりしたことです。

 

 

おまけ。

凸 凹 〆 丫 丗 卍 も漢字ですよ~~~。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング