茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

読書記録 「One World みんなが誰かを幸せにしているこの世界」「ねじまき片想い」

「ねじまき片想い」

柚木 麻子著

創元推理文庫

2018年6月29日発行

 

「One World」

喜多川 泰 著

サンマーク出版

2014年10月20日発行

 

前回のブログに書いた状態が続いていて、

母の通院付き添い、検査付き添いで、病院待合室にいる時間が多く、

またもや待合室読書が進む。

 

「ねじまき片想い」

軽いミステリーを楽しめました。

表紙もかわいらしいが、お話もかわいらしい。

5年も片想いしている主人公の宝子さん、片想い相手の西島に降りかかる災難を、

西島が気付かないまま解決していくのです。

けなげで、賢くて、ある意味度胸があって。

がんばれ宝子、と、待合室でリラックスして読める本でした。

還暦オババには、若い本ですが、ま、いっか。

「自分の心にねじを巻けるのは、自分だけ」その通りだなあと。

 

「One World みんなが誰かを幸せにしているこの世界」

ノートに書き留めておきたいフレーズがたくさん出てきました。

9つの物語がつまっている、連作短編集。

「誰かが好きなことを一生懸命がんばる姿っていうのは、そいつが夢を実現したかどうか以上に、周りの人の心に影響を与えるんだ」

 

ああ、この本、もっと、若いころ読みたかった。

でも、いまだに心が柔らかいわたくし(?)、たくさんの言葉が心にしみこんできました。

この方の本を読んだことのない方、一度読んでみても損しないと思いますよ。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング