茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

白内障は、治療しないのですか?

先日受けたドッグ。

 

tyanomadeosyaberi.hatenadiary.jp

 こんな感じで受けた健康診断でしたが、結果が届きました。

そこには、「白内障の疑い。医療機関での受診を」という文言が。

 

え~~、白内障かあ。

とうとう来たか、私の番が。

友人たちも白内障の話してたっけ。

ほとんどだれもがいずれなるとかいう、白内障

要するに、目の老化。

 

びくびくしながら、眼科に行った。

 

ぴかぴか光るものを見つめさせて、目をのぞき込んで。

そういうので、わかるのか?みたいな簡単な診察だった。

ばしっという写真とか撮らないのかあ。

目薬さして、ぼやっとさせてから写真撮るのは、なんの検査だったっけなあ。

 

お医者さんは、おっしゃった。

 

 「白内障ですね」

「また一年後に来てください」

「5年後か10年後かわからないけど、手術ですね」

 

それだけ。

 

私は聞きました。

「そんな一年後まで何もしなくていいのでしょうか」

「進行を遅らせる目薬とか刺さなくてもよいのでしょうか」

 

お医者さんは、言いました。

「そういうことは、勧めません」

 

ふうん。

白内障って、結局、ほっておいて、だめになるのをじっと待っているだけなの。

やだなあそんなの。

手遅れってこと?

治療の方法なしってこと?

薬はもう役にたたないってこと?

すぐに手術といわれなかったのは良いけれど。

ほんとに、なあんにも、しなくていいの?

これ、正解?

他の眼科、行ったほうがよい?

待合室にあったパンフレットを勝手にもらってきたけれど、

そこには、

白内障の治療‥‥点眼薬や内服薬により、白内障の進行を遅らせます。

って書いてあるけどなあ。

パンフに書いてあるほどには、点眼薬って効果ないってことか?

まだ、軽度だから、何もしなくてよいのか?

医者が、へなちょこなのか?

 

白内障の先輩たちに、聞いて回りたくなった。

 

母は、80近くになって、手術した。

義妹は、50代半ばで手術した。

友人は、白内障と言われたが、様子見るとか言って、1年もたっているが、何もしてないようだし。

 

60代の皆様の、白内障事情をお聞きしたくなりました。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング