茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

ラーメン毛糸

 

先日編んだスヌードを、愛用していたら、もともとゆる編みだったので、

少し伸びてきてしまいました。

 

その中途半端な長さが嫌で、思い切ってほどきました。

 

そして、すぐさま、編みなおし。

針の号数を2段階落として、編みました。

 

私が編んでいるのを見た母は、

「編みなおしをしてるのは、いいと思うよ。

 出来上がったものをほどくって、結構な決心がいるものね。

 でも、ほどしたのをそのまま使うっていうのはねぇ」

とダメだしする。

 

母が言うには、一度編んでほどした毛糸は、軽く洗って縮れを伸ばすのが常識とな。

 

そんなこと、私だって知ってる。

 

でも、面倒だし、さっさと編みたいから、ほどしたまま、編みなおしていたのです。

でも、正直、ラーメンみたいに縮れてる毛糸は編みにくく、目もそろわない。

ΩΩΩΩΩΩΩΩΩこんな感じの毛糸だもん、うまく編めるはずがない。

しかし、意地で、仕上げました。

 

そうして、今度は、去年編んだ腹巻帽子。

こちらは、洗ったら目が詰まって、細くなっちゃった。

だから、こちらも、思い切ってほどきました。

 

母は、それを見て、何か言いたげ。

 

「お母さん、この毛糸伸ばしたいんでしょ」

 

「まあ、そうだけど」

 

「伸ばしてもいいよ」

 

「でも……」と、はっきりしない。

 

「伸ばすの失敗して毛糸が縮んでも、文句言わないから。

 失敗を許す」と言ってあげた。

その時の、母のうれしそうな顔。

 

「ほんと?じゃあ、編みやすいように、毛糸伸ばしをしてあげる」

とさっさと洗面所に行きました。

 

よっぽど、ラーメン毛糸で編むのを見ているのが嫌だったんですね。

 

乾いたら、編み始めましょ。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング