茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

気が付けば12月

気が付けば12月。

 

ここに来る時間の余裕がなかった。

 

記入しない日がこんなに続くと忘れられてしまいそうで、とりたたて書く記事はないけど、書きに来てしまった。

前回の記事以降の私。

 

友人とライブに行った。

編み物をたくさんした。

縫物も楽しんだ。

本も少し読んだ。

映画を観た。 

久しぶりの飲み会に参加した。(ウーロン茶飲み)

掃除も少しした。

片付けも捨て物も少しした。

そして、あちこちの病院に行った。

自分の病院と、母の病院と。

忙しい日は、なんと、4つの病院に行った。

なんて売れっ子なんだ。

病院に行く合間に、ぴっちり遊びの計画を立てたこの2週間。

そりゃ、余裕なくなるわけですね。

 

人生初の、医者に行くようなやけどをしたのがニュースかな。

 

コーヒーを淹れていたときのできごと。

手の甲にお湯をかけてしまい、やけどした。

水道水でいっぱい冷やして、氷を巻いて、皮膚科に走った。

(車がないので、ほんとの小走り)

「よく来たね」

「これは、よ~~く効く、強めの薬だからね」

「明日は病院お休みだから、明後日の朝まで、いじっちゃだめ。明後日の朝、また来てくださいね」

すぐに水道水で冷やしたこと、15分くらい冷やしたこと、

何も塗り薬などつけなかったこと。

すぐに医者に行ったこと。

そんなことを褒められて家に帰ってきた。

夕方やけどして、夜中の3時までひりひりして眠れなかった。

 

二日後の朝。

病院で、看護師さんがガーゼをそろりとはがしてくれた。

「お~~」

看護師さんがうれしそうな声を出した。

お医者さんが、「きれいだ~~」

とこれまた喜んでいる。

「すぐに手当てしたからよかったんですよ」

「あの薬は、効くんです」

「もう、来なくていいです」

あんなにひりひりしたのに、

あんなに赤くなったのに、

二日できれいになっちゃうなんて。

いかに初期手当てが大切か痛感した。

 

以来、コーヒーを淹れる時には、とても慎重になったのでした。

 

おやすみなさい。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング