茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

読書記録 「ドアを開けたら」大崎 梢 著

「ドアを開けたら」

大崎 梢著

祥伝社

平成30年9月20日発行

 

久しぶりに本が読み終わりました。

なんだかんだで、忙しかったなあ。

 

この本は、大ファンの大崎梢さんの本です。

大崎さんの本は、

読む前からわくわくしてしまいます。

期待、大です。

 

知人を訪ねた主人公が、遺体を発見し、諸事情で発見したにもかかわらず、何もしないで自室に戻ってしまったことから、話は始まります。

 

そして、あるべき遺体が、消えてしまう。

あとは謎解きを楽しむ小説だから、その後のことは、書きません。

 

途中、私の気持ち的には中だるみになってしまいましたが、

後半からラストにかけて、ぐいぐいと引き込まれました。

もっと、この部分を膨らませて、前半をはしょればいいのに、

なんて、生意気な感想をもってしまいました。

 

でも、大崎さんの話は、面白い。

読んで損はないと思っている作家さんの一人です。

 

少し気分が落ち込んでいましたが、この本のおかげで温かい気持ちにもなれました。

 

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング