茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

お手伝いになってないです。

 

編み物に夢中になっている私。

3歳児たらちゃん(仮名)が遊びに来ても、口だけの相手で、

スキンシップはせず、

せっせと編み物をしておりました。

たらちゃんは、私とおしゃべりしながら、お絵かきとか電車のおもちゃとかで

遊んでいたのですが、

やはり、口先だけの相手では、ご不満だったようで。

 

私は、段染めの毛糸(一本の糸に、いろいろな色がつなげて染めてある)を使って、

スヌードを編んでいました。

 

何を思ったのか、たらちゃんは、

「お手伝いするぅ~~」と言って、

毛糸玉の中心部から、するすると毛糸を引き出し始めたのです。

おいおい、そんなに出したら、編むのが間に合わないでしょ、こごっちゃうでしょ。

と思ったのですが、

相手をしてやってない引け目から、ちょっとくらいいいかと、見守っていたのです。

たらちゃんは、するすると毛糸を引っ張り出すのが気に入ってしまったようで、

「赤だ~~、青、また赤、みどり~~」と、次々に違う色があらわれるのが、

とっても楽しいご様子。

そうなんです、この毛糸、つぎつぎに色が出てくるので、編んでいて楽しいの。

だから、たらちゃんが、おもしろがるのもわかります。

ああ、でも。

3メートルくらい引き出された時点で、ストップしてもらうことにしました。

「たらちゃん、お手伝い、もういいから。いっぱいしてくれてありがと」

と、止めました。

「もっとする」とたらちゃん。

「もう、いいです」と私。

すると、たらちゃん、何を思ったか、

引き出した毛糸を、両手で、ぐちゃぐちゃっとまるめて、

「えい、えい」って、踏みつけるんですよ。

 

遊んでもらえないやつあたりを毛糸にしているのかも。

 

しかたなく、編み物はやめ。

いっぱい、逆さづり遊びをしてあげました。

 

 

ちびの遊び相手は、面倒。

かわいいから、しかたないけど。

 

そのうちに、くそばばあとか、言い始めるんだろうけど。

今は、まだ、かわいいからね。

遊んであげるよ。

 

将来、くそばばあと、最初に言った時点で、ぶっ飛ばすよ、私は。

覚悟しとき。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング