茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

90歳記念旅行

 

母がめでたく90歳になった。

 

愚弟と愚姉(私)とで、お祝いを考えた。

 

料理屋さんでの食事会もいいけど、一昨年、米寿の祝いをしたっけな。

うれしそうだったけど、なんだか、同じことをするのも芸がない。

 

そして、じゃあ、温泉に連れて行こう、そこでお祝いしようということになった。

誕生日は、家で、ケーキとネックレスでお祝いしたけど、卒寿のお祝いもちゃんとしたかったのだ。

 

先日、行ってきた。

母と、弟と、弟の嫁と、私と。

とんだ老家族。

弟の運転は確かで、これは安心。

義妹もしっかりもので、会計は、お任せ。(もちろん、割り勘)

私は、母の見張り。

 

いやあ、気をつかうことつかうこと。

弟夫婦にではない。

 

母にだ。

湿った道路でこけないか。

坂道大丈夫か。

この距離、歩けるか。

念のため、シルバーカーも積み込んでの旅行となった。

母は、意地っ張りなので、ぎりぎりまで頑張る。

「絶対に、無理、となる前に自己申告せよ」と言い聞かせて出発したのだが。

階段や坂道やお店の入り口で、義妹が気を使って声をかける。

私は、黙って、斜め後ろを歩く。

すぐに手を出せるよう、両手はあかせて。

ホテルでも、浴場ですべらないか、大変心配であった。

 

夜、慣れない布団と枕なのに、私は、ぐっすり寝てしまった。

疲れたんだなあ~~~。

朝、母に聞けば、母も一度も起きることなく朝までぐっすりだったとのこと。

 

たった一泊二日の、お祝い旅行。

ホテルは、特別な部屋だった。

二人で、こんな広い部屋~~、びっくり。

部屋の中に、石灯篭まであった。

f:id:kureyonnobasann:20190624171157j:plain

ホテルのご好意なんだろな。

よい温泉旅行であった。

 

 

だがしかし、私は、疲れたことこの上ない。

 

でも、ごちそうを前に、寿の衣装を着けてうれしそうに笑ってくれた母の顔が、私たちへのプレゼントだった。

 

忙しくて、まだ、写真も整理してないけれど、また大きくプリントしてあげよう。

母は、茶の間に米寿の祝いの写真を飾っている。

その隣に、もう一枚、おめでとうの写真が並ぶ。

母は何も言わないけれど、写真のプリントを心待ちにしてるんだろうな。

忙しさにかまけて、写真のプリント、いつになるんだろ。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング