茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

病院びっくり話‥‥危ないところだった~~

 

 骨粗しょう症で、病院に行っている。

 

7、8年前から、1年半くらいの間隔で、検査をしてもらい、

ぎりぎりセーフで薬なしだったのが、

 

「あら、ちょっと、薬の力を借りましょうかね」となったのが、8か月くらい前。

 

一か月に一回の薬を飲んで、半年たって。

 

「あらら、よく効いたね。体にあっていたのかな。ラッキーですね。数値は基準内に戻ったよ。」

「じゃあ、今度は、年に一回の点滴でいいね」

 

と、なったの。

 

そして、年一回の点滴をして、事後検査のために、1か月たったので、病院に行った。

 

そこでの、出来事。

 

「くれよんさん、診察室5に、お入りください」とのアナウンス。

ここでは、名字で患者を呼ぶ。

 

診察室に入り、椅子に座り、お医者さんの話がはじまった。

 

医「え~~と、この点滴も7回目ですね」

私「ん?違います、まだこの前のが一回目ですけど」

医「いや、〇〇病院で6回やって、今回ここで7回目ですよね」

私「い~~えっ!!違います。この前が初めてです」

医‥‥怪訝な顔で、カルテを見る。

そのカルテは、いやに厚い。(ちなみに、電子カルテではない、紙カルテ)

なんか、変だぞ。その古さ厚さは怪しい。

 

私「先生、そのカルテ、私のじゃないんじゃないでしょうか」

医「そんなはず、ないです。くれよんさんでしょ。」

私「はい、くれよんです」

と、しつこくカルテをのぞき込む私。

私「先生っ!!それは、わたくしのではありません。同姓同名の別人のです」

医‥‥大慌てで、私に氏名を聞く。

あってるよ。

生年月日を聞く。

大違いだよ~~~~~。よく見ろよ~~~~~。

私は、まだ、60代でしょ。

覗いちゃったからわかったけど、そのカルテの人、もうすぐ80歳じゃん。

見てわかんないんかい、医者のくせにさあ。

というか、氏名しか見ないんかい。

自分の目より、事務さんに出されたカルテの文字が頼りなわけ?

 

慌てふためく医者と事務さん。

 

私のを見つけ出してきて、

医「もう一度、お呼びしますから、待合室で待っていて」

 

しばらくして、

医「クレヨンさん、くれよんおばさんさん、診察室5番にお入りください」

 

今度は、大丈夫だろな、と思って、立ち上がると、もう一人立ち上がった人がいる。

 

ドアの前で、お互い確かめる。

 

「私が呼ばれたのですが」

「え、私の番だと思うけど」

 

そうなんです、同姓同名の二人が(漢字も同じ)、同時刻に、同じお医者さんに予約していたなんて。

 

私も彼女も、びっくりですが、お医者さんと事務さんが、もっとびっくりしていました。

 

事「あら、申し訳ありません、じゃあ、さっきの血液検査の結果は、どちらのくれよんさんのかしら、あらたいへん、あ、大丈夫だ、あってる。あってますよね。こちらのクレヨンさんが、血液検査したんですよね。すみません、ごめんなさい」

 

気の毒になってしまった。

 

カルテ見て、気が付かない医者様には、

「先生、ちゃんと見てくださいね、こちらが気が付かなかったら、別人のカルテに記録されるところでしたよね」って、????気分で帰ってきたけれど、

事務さんがあまりにも気の毒で、

彼女には、

「面白かったからいいです、気になさらないでください、話のネタになりました」

って、言ってきました。

でもさ、診察券番号とか、確かめないんでしょうかね。

 

診察室の前に貼ってある、

「確認のために、お名前をお聞きしています」という張り紙がよそよそしく見えた。

名字と名前を患者がちゃんと言ったって、そっちが間違えてるじゃん。

 

もう一人のくれよんさんと、「たまに同姓同名の人がいるけど、同じ時間帯に同じ医者にかかったことはなかったわねえ」と笑いあって、

「また、来年お会いするかもしれませんね」

と別れました。

 

気の利いた病院では、診察券とカルテに「同姓同名」って、はんこ押されたことあったなあ。

 

危なく、他人のカルテで治療計画たてられるところだった。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング