茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

萩尾望都 ポーの一族展

 

 暑かったあ。

 

松屋銀座まで、「萩尾望都 ポーの一族展」を見に行ってきました。

一人で出かけました。

 

友人Aは、興味ないといい、友人Bは少年漫画しか読まなかったから知らないといい、友人Cは、知ってるけどわざわざ行くほどのファンじゃないって。

だから、一人で出かけました。

 

遠い銀座まで、この暑い中、わざわざ出かけました。

 

体力に自信はなかったけれど、動けるうちに行きたいところに行くべし、と思っているので、出かけました。

 

車中気持ち悪くなったらたいへんだから、できるだけ各駅に乗りましたので、松屋まで結構時間がかかりました。

 

展覧会は、大盛況でした。

 

ラカン大集合って感じでしょうか。

もっとお若い方々もたくさんいらっしゃいましたが、見たところ中心はアラカン世代のように感じました。

あらま、平日昼間なのに、やっぱりアラカンおばさんは時間があるのねえ、なんて感心してしまいました。

 

じっくり見たので、2時間もかかりました。

疲れちゃったあ。

 

でも、行ったかいがありました。

 

素敵でした。

入り口を入ったところから、すうっと望都さまの世界に入ってしまいます。

 

原画を間近でじっくりとみられる幸せ。

ていねいに細かく描き込まれた原画。

とても人間の手の技とは思えません。

線がきれい。

生き生きとした描線。

小さな点描。

細い細い線で描かれたバラの花。

うまく言えないのがもどかしいですが、とにかく、素晴らしかったです。

 

やはり、望都さまは、天才です。

 

美しい原画の数々。

どの原画を見ても、ああ、あの場面だ、あのセリフだ。

覚えているもんだなあ、とわれながら感心しました。

まあ、何回読んだかわからないほど、手元にある本は擦り切れてますものね。

覚えていて当たり前かもしれない。

 

20歳前後で、こんな美しい絵を見せてもらえた私たちは幸せだったなあって。

ストーリーも魅力的だし、構図も工夫されていて、だから何回も手に取ってしまう物語なんだなあって、改めて思いました。

 

デビュー作から見ている私は、ずうっと展示された絵を見ながら、読んだ当時の自分や友人のことを思い浮かべたりもしていました。

 

いい時間でした。

 

もしも行こうかどうか迷っている方がいらしたら、ぜひ行ったほうがいいわよ~~と言いたいです。

 

 

萩尾望都さま、内田善美さま、水樹和佳さま、この方々の美しい絵と、感受性がまだ豊かだったころに出会えて幸せだったなあ~~~~。

 

 

と~きょ~のひとは いいなあ、ちかくで こういう すてきな てんらんかいが あってさあ。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング