茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

4足す4の謎

 

 ひさしぶりになっちゃいました。

 

今日、1000円ランチのお店に行きました。

 

パスタとサラダとちっちゃいドルチェとコーヒー。

 

驚いたことに、すべて、おいしい。

 

1000円でいいんですか?と尋ねたいくらい。

 

ゆっくり食事して、おいしいコーヒーを楽しんで。

 

さて、帰りましょうかねえ。

 

会計に行く。

 

あらら、細かいのがない。ということで、一万円札を出しました。

 

会計の彼は、金庫から、千円札を出しました。

 

そして、私に向かって、お札を並べて、

 

「まず、4000円。こちら4000円。合わせて8000円のお釣りです。お確かめください」

 

私は、一瞬、何を言われたのかわからなかった。

 

え~~と、4足す4で8だから、8千円、あってる。

あってるけど、何かおかしい。

一瞬でお釣りの8000円を、はい、合ってますって答えられなかった。

 

ああ、私、こんな簡単な足し算も、一瞬考えるようになっちゃったのか。

 

とても寂しい気持ちで、お釣りを受け取った。

 

 

しかし、

 

しかし、

 

この場合、普通は、「5000円と3000円で、8000円、というんじゃないかしら」と気が付いた。

 

どうして、彼は、4足す4にしたんでしょう。

5足す3じゃなかったんでしょう。

 

「5の塊」で数を考える癖になっているわが頭固いのかしら。

 

そうなのかなあ。

 

この人、いつも、こういう会計するんだろうか。

 

 

もう一度来て、また一万円札で支払ってみたいぞ、って思ったのでした。

おいしいからまた来よう、という気持ちもあるけれど、それを上回った、今度も4足す4の謎のお釣りの数え方かどうか、確かめたい気持ち。

 

推理小説が好きなわたくしは、これをネタに、何か身の回りの小ネタ推理短編が、できたらおもしろいのになあ、なんて、今、思ったのでした。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング