茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

素敵な応対

 

 先日、デパートの友の会の会費を支払いに行きました。

 

なんだか、とても混んでいる日で、20人くらい待つようでした。

いつもは、それほど混んでいないので、いやだなあこんなに待つの、なんてちょいとぶうたれて待っていました。

 

あいにく文庫本を持たずにでかけてしまったので、

ひま、ひま、ひ・ま。

スマホをいじくりまわす習性をもっていないので、手持無沙汰でした。

できることと言ったら、思考にふけるか、想像を楽しむか、ぼんやりするか。

その日は、人間観察をすることにしました。

 

カウンターの席に座るときに、ちゃんと会釈する人、ぶっきらぼうな人。

支払い終わっても挨拶もそこそこの人と、感じのよいお礼を言う人。

席に座る前に、カードや財布を準備している人、座ってからカバンの中をかきまわして、お財布探す人。

人っておもしろいなと思いながら、見ていたら、お年寄りの方が席に座りました。

 

なんだか、あんまりよくわかっていないらしく、会費の額とか、いつまで払い込んだのかとか、何回も説明を聞いていました。

自分のお財布の中にある金額と、本日払い込む金額と、おりあいがつかないらしかった。

「足りない分は、3月末日までに、お願いしますね」「末日?」「3月31日ですよ」「ああ、31日ね」「はい、31日までです」「その前に来てもいいの」「はい、だいじょうぶですよ」

なんて会話を延々と。

その応対をしている係の女性は、笑みを絶やさず、穏やかな声音で、ていねいに同じことの繰り返しの質問に答えていました。

 

見下した笑みではなくて、やさしい自然な笑顔。

 

私なら、とっくに、声を荒らげているだろうなって、ものすごく反省しました。

家で、母が、とんちんかんなことを言っているとき、私は、あんなふうに根気よく、話ができていないよなあ。って。

 

そして、どうにか、そのおばあさんは、会費の一部を支払って、帰りました。

そのおばあさんが、帰ったあとの、係の女性は、

隣にいる係の人に、「コマッタちゃんだったぁ」なんていうそぶりも見せませんでした。苦笑いをしたり、肩をすくめたりもせず。

普通に、次の方の手続きにとりかかっていました。

 

すごい、すばらしい。

客商売だもん、あたりまえ?

い~~や、あたりまえじゃない。

だって、商売用の笑顔と声音でなく、中から出てきたやさしい応対だったもん。

 

あんな人に、なりたい。

 

無理だけどさ、ちょこっとは、近づきたいなと、思った日でした。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング