茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

白髪育て、その後

 

65歳のお片付け、と同時並行で、白髪育てをしています。

 

ずっと美容院で染めていただいていましたが、

今は、美容院では、染めていません。

染めなくなって、白い部分が、7~8cmになりました。

何もしなければ、富士山初冠雪状態です。

 

白い部分が伸び切るまで、どうしようか、美容師さんも考えてくださいました。

染めた部分がなくなるまで、1年くらいかな、その間の過ごし方を考えてくださいました。

色を抜いて他と合わせるとか、パーマをかけてふわっとごまかすとか、いくつか方法があるそうです。

髪に良いのは、何もしないことだけど、それじゃあ、あんまりだから、市販のカラートリートメントで、うっすら色を入れておくのがいいんじゃないかしら、という結論になったのでした。

前回、何もしないで美容院に行ったら、伸びた部分の白が目立つから、カラートリートメント、したほうがいいよ、とのことでした。(本人は気にしていなかったけれど、自分では見えない部分が、みっともなくなってたみたいです。だって、私、正面からしか見ないもん)

 

前回ご指導があったので、今回、ちゃんとカラートリートメントしていきました。

 

そうしたら、「カラートリートメントで、こんなに濃く色が入るんだ、濃すぎると思うなあ。前髪くらいの感じが、きれいですよ」

と、うっすらミルクがかった茶の前髪部分がよいとの言葉でした。

 

私は、カラートリートメントの加減がわからず、濃くしすぎたようでした。

長持ちするように、たくさん使って、長く置いて。

それは、やりすぎだったのね。

見えるとこだけでいいや、と、外側だけ適当に塗りたくっていたので、中は白いまま。

 

「ちゃんと、説明書に書いてある通り、メーカーさんのおすすめのやり方で、使ってくださいね」

「こことここは、ぜんぜん、染めてないでしょ。白いままだもの。見えるとこだけじゃなくて、全体をトリートメントして色を入れないと、おかしなことになりますよ」

と、説教されて、帰ってきました。

 

おっしゃる通りで、反論の余地なしです。 

マダラ頭で、過ごす毎日。

本人、ちっとも気にしていないマダラ頭。

美容師さんの正直な言葉で、人さまから見ると、へんちくりんな色のマダラ頭、ということが、わかりました。

雑な性格だから、私がやることって、こんなもんなのにね。

 

濃茶に染まっている周りの部分が少し褪めたら、今度は、メーカーさんの指示通り、カラートリートメント、しましょ。

 

次回は、これでよし、とほめていただけるのでしょうか。

 

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング