読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。画像は、素材サイトからお借りしているものですから、持ち帰りはなさらないでくださいね。

ポジティブじゃないと、いけないの?

 

f:id:kureyonnobasann:20161216094531j:plain

(いつものフリー素材サイトからお借りしました)

 

ふと、年末整理中の本棚を見て考えた。

ポジティブという言葉が躍ってる。

 

そういえば、退職したてのころ、ポジティブ心理学なる講座に参加したのだった。

あのころは、退職した直後で、「よしこれから第二の人生よ」って乗りだった。

 

時間と健康がたっぷりある、地味で穏やかながら輝かしい退職後の人生。

定年になったら、ああしたい、こうしたい。

これもしよう、あそこにも行こう。

退職前の5年間くらいは、定年退職後の生活をあれこれ考えては

かったる~~い仕事への意欲付けとしていた。

「退職したらノート」まで、作っていた。

そこに、思いつくままに、やりたいことを書きだしていた。

 

そんな退職時の勢いで参加したポジティブ心理学講座。

おもしろかった。

学習する楽しさもあったし、内容の面白さもあった。

なんだ、私って、思っていたよりポジティブなんだな。

講座の中で行ったポジティブチェックをして、そう思った。

講座の先生のお勧めの本も、結構買ったり読んだりした。

すばらしい、ポジティブって。

 

ところが。

ポジティブじゃないと、いけないのか?

と最近考えるようになった。

ポジティブになろうなろうと思うことが、それに向かって努力することが、

人によっては、結局、ストレスになっちゃったりするのではないか。

私は、ほんとは、もともとポジティブなんじゃなくて、

仕事をしている間に、

そういうもうひとつの自分を作りあげちゃっていたのではないか。

なあんて、考えちゃった。

もしかしたら、仕事をしている自分と、退職した自分とは、違うんだぞって。

そりゃそうだ、落ち着いて考えれば、簡単にわかること。

 

世の中の、ポジティブブーム(があるかは知らない)に、知らない間に乗ってしまっていた自分。

 

そうよ、無理に、ポジティブになんなくっていいんだよ。

 

ポジティブ、いいことです、前向きだし、楽しいし、幸せだし。

 

でも、そうなることに無理があったら、結局ダメなんだよ。

 

退職し、仕事をやり終えた身としては、本来の自分に戻ればいいんじゃんっ!!

(仕事には充実感も達成感もあり、やり残し感はない。やめたことに後悔もない。)

 

だから、これからは、

 

何事も、無理しない。

できる範囲で、できることを。

のほほん、のほほんと。

ぼんやり、ふんわり、ゆる~~く。

落ち込みたいときは落ち込み、上向きたいときは上を向き。

「ねばならない」より、「やってみたい」。

〇〇もいいけど、××もいいね。の感じ。

自分は自分のキャパにあったことを。

 

ポジティブはいいことだけど、ポジティブばかりじゃなくていい。

 

 

 

頭の中の言葉を、文章にするのは、難しい。

日々の出来事を書くのは楽ちんだけど。

今日も、訳わからん文章になっちゃった。

でも、いいや、これが自分。

文章でお金もらってるわけじゃないしぃ~~~~。

 

 ★今日もおいでいただき、ありがとうございます。 

←ポチッとクリックしてくださると、うれしくてやる気が出ます。