茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

染めるのやめました

 前から思っていたこと。

「白髪、いつまで染めるんだろ私。」

 

やめるきっかけがなくて、ずるずると染めていた。

髪を染めるのが地肌にいいわけないし、

ちょっと伸びても生え際の白が気になるのがストレスだったし。

やめたかったんだ。

でも、まあ、「年より若く見えるよ、クレヨンさんは」という言葉がうれしくもあって、だらだらと染めてきたのでした。

 

そうだ、65歳になったから、これをきっかけに白髪染めやめよう!!

(根拠のない「きっかけ」だから、弱い。)

 

30代のたらちゃんママは、言いました。

「まだ早いんじゃないかなあ」

 

高校の時からの友人たちは、言いました。

「え~~、だめだよ、あきらめちゃ」

「そうだよ、ちゃんとしといたほうが若く見えるよ」

「私たちも染めてるんだよ、あなたもそのまま染めてればいいじゃん」

 

30年来の友人は、

「いつもきれいにしてたから、わからなかったけど、白髪の量、結構多いの?」

 

行きつけの美容院の美容師さんは言いました。

「思っているほど、白髪多くないですよ。

だからはやりのグレイヘアみたいにはならないですよ。

白髪がきれいな色になる人って少ないんですよ。

黄ばんでたり悪光したりすることが多いんですよ。

きれいな白髪の人は、白髪に染めてる場合もあるんですよ」

 

私「いいの。やめるの。胡麻塩頭でいいの。」

 

やっぱり、誰も賛成しなかった。

 

でも、いいもんね、やめた。

 

今、最後に染めてから100日ちょっとたちました。

 

あと数か月したら、初雪被った富士山みたいになるんでしょうね。

 

いいや、別に。

 

「染めるのやめた方に、そんなに出会ってないなあ。この後、どうしようかなあ」

とおっしゃる美容師さんにお願いしました。

「今度来るまでに、うまい移行期の過ごし方、考えといてくれるとうれしいな。

今後の参考になるかもしれないじゃん。

きっと、少しずつ増えてくるよ、白髪染めやめる人」

美容師さんは、「僕、いろいろ調べてみますね」って、約束してくださった。

 

まあ、美容師さんにしてみれば、染めない客は、客単価が下がるわけだから、ずっと染めていてほしいんだろうね。

 

はてさて、私の髪は、この後、どういうふうになっていくのでしょうね。

 

とりあえず、今は、白い部分は、まだあまり表面化していない状態。

上(外側)の髪を持ち上げると、下(内側)に白い部分が出現して、面白い感じです。 

 

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング