茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

読書記録 「すぐ死ぬんだから」内館牧子 著

「すぐ死ぬんだから」内館牧子 著

終わった人内館牧子 著

「毛糸に恋した」群ようこ 著

「老後の資金がありません」垣谷美雨 著

 

最近一気に読んだ本です。

老後の~~は、前に一度読んだかも。

最近、さらっと読んでしまって、さらっと忘れてしまう本もあって。

 

さて、この中で、いちばん影響を受けたのが、

「すぐ死ぬんだから」

 

反省した。

自分を大事にしていないということが、わかった。

ナチュラルなんかじゃなくて、無精だった、私。

このところ、花粉のせいにして、化粧も適当だったし。

出てきた腹を隠す服が増えたことも、薄々感じちゃいたけれど、

これが、薄汚いおばばへの道一直線だったんだ。

 

できる範囲で、小ぎれいにしておかないと、

この本に出てきた、

こぎたないおばばになってしまう。

 

自分を大事にしない人を、だれが大事にしてくれるか。

もうちょっと、自分を構おう。

それと、背筋をしゃきっと伸ばして、生活しよう。

 

というわけで、久しぶりに、久しぶりに、女性誌を買いに本屋に行った。

なんて、単純な私。

あまりの単純さに、笑っちゃう。

向上心、あるんだな、私。

おしゃれを勉強する気になってるし。

 

しかし、ごくごく普通の60代向けのファッション誌って、どれなんだろう。

よくわからないので、表紙に「年を重ねて似合うもの 60代からの大人の装い」と副題がついている雑誌を買ってきた。

よし、これで、勉強する。

「60代の大人の装い」っていうのが、よくわからないけど。

60代って、大人じゃん。大人じゃない60代ってのは????

もう、ここから、意味不明。

大人のなんたら、っての、よく目にするけどね、雑誌の表紙で。

どういう意味で使ってるかよくわからん。

 

家に戻って、袋を開ける。

いらないよぅ、付録のショルダー。

ああ、この分、雑誌が安ければよいのに。

だいたい、おしゃれしましょ、みんなと同じ装いではなくて個性を生かしましょ、とか言ってるくせに、付録にバッグ。

雑誌買った人は同じもの持てというの、矛盾してないか???

私、ひねくれてる???

 

自分で選んで買ってきたくせに突っ込みながら、中を見る。

 

ありゃあ~~~。

無理だ、これ。

だって、どれも素敵に見えないんだもん。

こういうのを、素敵っていうのか。

すっかり時代に取り残されたみたいね、私。

どれも、マネしたいって思えなかった。

古い頭のままの私。

今どきのおしゃれな60代って、ほんとに、こういう着方をするんだろうか。

中田舎に住んでいる私には、とてもついていけない着こなしの数々。

 

さて、どうしましょうかねえ。

せっかく、ファッションとやらを勉強しようと思ったのにね。

 

加賀まりこさんの写真は、素敵だった。

切り抜いて飾っておきたいほど。

でも、ジーンズ姿をまねしても、顔が加賀まりこでないから、ただの地味おじおばばになるよなあ。

 

結城アンナさん、素敵なんだろうね。

でも、まねしたって、アンナにはなれない。

ソンナかコンナか、まあ、そんなもん。

 

美人はいいなあ~~~~。

 

仕方ない、美人には、なれない。

ついでに、私には、愛嬌もない。

 

目標は、

「小汚くならないようにする」

という最低レベルでがんばろう。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、更新の励みになります。

⇒  60代ブログランキング