茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。画像は、素材サイトからお借りしているものが多いので、持ち帰りはなさらないでくださいね。

親は、いくつになってもどんなになっても、子育てをしてくれている。

退職したての友人とのおしゃべりランチをしました。

 

年も近いし、生活環境も似ているし、前職も同じだった友人。

 

楽しい話題がいっぱいありました。

退職して、無事責任を果たした気持ちも共感できました。

2人とも、完全燃焼で退職できた幸せな職業人生でした。

 

この友人との、共通の話題の一つが、互いの母親のこと。

 

一緒に住んでいて、

少しずつ老いていく母親を見ているのが、

少々つらいということ。

老いてゆくのは当たり前のことなのですが、そばで見ているとつらいものがあると。

 

歩くのが遅くなってきてさあ。

今までと同じだけの距離も、歩けなくなっちゃって。

重い荷物持って、母親に合わせて歩くのって、疲れが大きいよね。

でも、自分で歩いているから、偉いよね。

ちょっとしたことが、できなくなってきて。

買い物行って、買う物わからなくなっちゃったりするし。

そうそう、それで、落ち込んでいる背中をね、見たくないよね。

腰が痛いとか、脚が痛いとか。

薬もたくさん飲んでるし。

同じこと何回も言うしさあ。

何回言っても、クーラーかけないしさ。

片付けも苦手になってきたよね。

もう、バス旅行は無理そう。

 

でも、毎日ちゃんとお化粧するところは、偉い。

クイズ番組にもチャレンジしているし。

ノートに漢字とか自分の名前を書いて練習しているし。

家計簿毎晩つけてるし。

草むしりも水やりもちゃんとするし。

いつまでも自分で歩きたいって、毎日少しでも歩いているしさ。

 

 

 

ねえ、きっと私たちが今の母親と同じ年になったら、

もっともっとずっと、情けない状態だろうね。

 

うん、さすが、昭和ヒトケタ。

戦争を知っているだけある。

人に迷惑かけない、

子供の世話になんかなりたくない、

子供のお荷物になりたくない、

っていうの、ものすごく感じるもんね。

 

根性あるよね。

 

でも、甘えてくれていいのにね。

へたくそだよね、甘えるの。

 

でもさ、私たちも、職場で意地はって働いてきたからさ、

甘えるの下手だよ。

 

しょうがないじゃん、男に負けられなかったもん。

 

母親たちのことは、こちらが何か言ってもしかたないしね。

したいように、させておきましょ。

 

 

こんな話をしたのでした。

 

 

25年後の私たちの姿が、目の前にあるけれど、

実際の私たちは、きっと心身ともに、母親たちより脆弱だろうと思います。

 

母親たちが、身をもって生き方を見せてくれています。

とてもとてもありがたいことだと思います。

 

親は、いくつになっても、親です。

いくつになっても、子育てしてくれています。

 

脆くなっていく親を、いたわっていきたいなと思います。

でも、我がままで短気で優しさに欠ける私は、ちゃんとできないかもしれません。

 

できる範囲で、いっしょにすごしていきたいと思います。 

 

 

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、励みになります。


にほんブログ村   ありがとうございました。