読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。画像は、素材サイトからお借りしているものですから、持ち帰りはなさらないでくださいね。

あ~~よかった、危なかった

飽きたので、また、ここに来ました。

このブログの「新しいおもちゃ」感覚は、まだ残っています。

 

一日に、複数回更新することがなくなったら、少し飽きたってことでしょう。

 

来るには来たけど、楽しい記事が浮かばない。

 

以下、楽しくない話題ですが、お付き合いください。

 

最近、あ~~よかった、危なかったってことを書いてみます。

 

それは、畳屋さんのこと。

近所にも畳屋さんがあって、真面目に仕事をしてらっしゃる。

前回も、そのお店で畳替えをお願いしました。

ところが、ここ数か月、電話で「畳かえませんか」という勧誘が来るようになった。

お値段お手頃。親切そう。そんなに待たせず年内にきれいにできます。

一日で、できますよ。などなど、いろいろ話してくれている。

まあ、そろそろ畳替えかなあと思っていたので、あいまいな返事をしていたからか、

何回か、電話がかかってきていました。

 

いよいよ、じゃ、畳かえようかねぇ、ということになり、

今度電話が来たら、もう少し詳しく聞いて、よかったら頼もうか。となりました。

 

でも、どこから来るのかね、その畳屋さん。

遠かったら、大変だよねえ。

でも、向こうから電話してきてくれたんだから、来る気あるんじゃないの。

どこにあるのか、ネットで見てみようか。

 

調べてみたら、あんまり評判よくなかった。

(かなり控えめな言い方)

 

電話のお話を鵜呑みにし、まるで疑わない母娘は、今後、大丈夫か?

 

とにかく、頼まなくてよかったなあと思いました。

お値段につられてしまう自分が、情けなかった。

(ネットの情報を丸のみしてしまうところも、いかがなものかと思わないでもない)

 

前回お願いしたご近所の、きちんと仕事をしてくれる畳屋さんに頼む方が、いい。

 

あたりまえの結論だ。

 

でも、年金生活になると、《少しでも節約》、

とか思ってしまって、こういう、罠(?)に陥ってしまう。

 

気をつけなさいね、私!!

 

f:id:kureyonnobasann:20161123225311j:plain

 (素材集より)

 

←ポチッとクリックしてくださると、うれしいです。励みになります。