茶の間でおしゃべり

日々あれこれ思うことを書いています。気ままなおしゃべりを聞いてください。定年退職したあと、少し体調不良が続いているけれど、自分のペースで生活したいと思っています。

関係ないのに、いらいらっ!!

 

 

最近、あんまり電車に乗ってのお出かけがない。

 

心身ともに、低空飛行で、映画館にも出かけてない。

 

この日は、昼間の用事なので、電車に乗るのがそんなに抵抗なくて、出かけた。

 

空いてる時間帯で、座れそうだし。

 

そういえば、電車の中の変化を、働いているときから感じていたっけ。

 

 

 

ずうっと前よりは、確実に電車は静かになっている。

 

おしゃべりが減り、スマホビトが増えているから。

 

以前気になった、イヤホンから漏れるシャカシャカ音にも出会わなかった。

 

あれは、隣に座られると、ほんとうに蹴とばしたくなった。

 

しませんけどね。そんな度胸はありません。

 

 

 

この日、座ったのは、3人掛けのところ。

 

ドア側に私、隣に若い女性、その向こうがお隣のお知り合いらしき男性。

 

珍しく、この二人はおしゃべりであった。

 

会社の同僚っぽかった。

 

丁寧語で話していた。

 

個人的なお付き合いは、なさそうであった。

 

おばさんの感。

 

私は、文庫本を読んでいたけれど、

 

車内は静かだし、すぐそばなので、聞きたくなくても会話は耳に入る。

 

たいした内容のない、時間つぶしの会話であった。

 

 

 

それで、何が気になってしまったかというと、

 

この女性が、長い髪を、ずうっといじっているのである。

 

右手の人差し指で、くるくる巻いたり、つまんだり。

 

ひっぱったり、こすったり。

 

なあにをしてるんでしょう。

 

人と会話しているのに、ずうっとずうっと、髪をいじっているんです。

 

気持ち悪い。

 

失礼だ。

 

もしかして、媚売ってるのか?

 

私は、自分と話している間、相手がずっと髪をいじってたら、

 

もう話す気持ちは失せる。

 

人の話、聞いてる?

 

そんなにつまんない?私の話。

 

なんて、気になって、ぶすっと黙ってしまう。

 

でも、このお二人は、穏やかな会話を続けていた。

 

ふうん、偉いなあ。

 

文庫本読みながら、彼女の髪いじりが、妙に気になって、本に集中できなかったっていうお話でした。

 

 

 

今日もおいでいただき、ありがとうございます

よろしかったら、応援の1クリックお願いします。→60歳代ブログランキング